1. まとめトップ

持ち運べて好きな場所で御飯が炊ける弁当箱!&冬に便利なHOT弁当箱 6選

今話題のどこでも御飯が炊ける、ハンディー炊飯器。御飯が炊けるランチボックスとしても話題です。自分の部屋や仕事場に持ち込めるなんて何かと便利です。おかz\\\a

更新日: 2020年01月16日

1 お気に入り 321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をまとめています

oldtataさん

▼電子レンジ不要 どこにでも運べてごはんを炊けるお弁当

レンジでチンするお弁当やご飯も手軽でいいけど、やっぱり炊きたてのご飯がおいしいですよね。炊飯器を持ち運ぶことはできないから、あきらめていたけれど、この小型炊飯器なら手軽に炊きたてのホカホカご飯が頂けます。

ブランドサンコー(Sanko)
商品重量1.09 Kg
梱包サイズ13.5 x 22.5 x 15.5 cm

オフィスでもお昼にご飯が炊ける

お弁当サイズの小ささの炊飯器だから、持ち運べてデスクの上に置いても場所をとりません。お昼に炊きたてのご飯が食べられます。

1人分だけ美味しく炊ける

普通の炊飯器だと量が多く、せっかく炊いても後でチンする事になってしまいますよね。お茶碗1杯分から炊けるから、自分だけ、2人分だけといった少量のご飯を美味しく炊けます。

電子レンジ不要で
どこにでも持ち運べますが、炊飯には50分かかります!

▼わずか14分で炊きあがる超高速の「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」が発売された

こちらの商品、お茶碗1杯分がなんと14分※で炊きあがる「超高速炊飯器」なんです。
お米を入れて水を入れれば14分で炊きたてご飯が食べられる!
食べきりサイズの炊きたてご飯がすぐに炊けます。

冷凍やパックのボソボソご飯を食べる必要はもうありません!

※0.5合炊飯時
※蒸し時間除く

■ハンディ炊飯器 蒸し料理もできる

【蒸し米の作り方】

1.電源ケーブルを本体につなぐ。

2.研いだお米と水を入れる。

3.本体に蒸し用の水を入れる。

4.本体に炊飯台フタをする。

5.「蒸し米」にセット。

6.約40分後蒸し米の完成!

▼電子レンジで御飯を炊くタイプのランチボックス

【ごはんが炊ける弁当箱の使い方】
1.米をご飯容器本体の米ラインまで入れて洗い、米+水ラインまで水を入れて、炊飯パーツを取り付ける
電子レンジ(500W)で8分加熱する (※庫内高さ150mm以上の電子レンジに対応)
2.保温ケースに入れ、炊飯パーツをごはん容器フタにつけかえる
3.30分保温したらできあがり
そのまま保温&持ち運びOK

▼保温が可能なランチジャータイプ

内容器はクリンベル加工、本体内側はフッ素コートになっているため、汚れがつきにくくお手入れが簡易。

ご飯容器・おかず容器・スープ容器は、電子レンジでの温め直しが可能。

※ふたは除く。

本体は魔法瓶構造で、ご飯やおかずを長時間保温。

▼どんぶりやカレーの具も温めていける丼型ランチジャー

かさばらずに持ち運びができる人気の保温丼スタイル弁当箱
温かいご飯や麺をおしゃれにどんぶりスタイルで
食べる前におかずをご飯にのせればご飯がふやけず、出来立ての感覚で
保温容器に麺を入れて食べる時におかず容器をかけて食べれば
できたてのように温かいパスタやうどんも美味しく食べられます

▼大容量で中身がステンレス

弁当箱はPP 5とステンレス鋼を採用し、無毒無害で環境にもやさしいです。

▼ランチジャーに関するツイート

おはようございます( ˊᵕˋ ) ムスコその1に昨日のカレーが美味しかったとお言葉をいただいたので…また入れました。 またカレーとか言わないように‼️ 言ったら毎日カレーにするわ #お弁当 #お弁当みんなで作ろ #お弁当記録 #息子弁当 #lunch #ランチジャー pic.twitter.com/9eOgs3nh7Q

1 2