1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

トランプ声明で戦争回避? イランとアメリカの微妙な関係

アメリカのドナルド #トランプ大統領 が声明を出し、イランとの戦争を回避する姿勢を見せた。スレイマニ司令官暗殺で高まった緊張緩和に安堵する声が広がりましたが、この騒動の背景にある動機について取り沙汰されています。

更新日: 2020年01月09日

5 お気に入り 9021 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

トランプ大統領の心中はいかに。

nyokikeさん

▼イランの報復に対して行われたトランプ米大統領の声明に注目が集まった

イランがイラクの米軍駐留基地をミサイルで攻撃したことを受けて、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は8日、ホワイトハウス(White House)で国民に向けて演説し、攻撃により米国人やイラク人の死者は出なかったと発表し、イランは「身を引いているようだ」と述べた。

ホワイトハウスで、政権幹部や制服姿の軍幹部を従えて記者団の前に立ったトランプ氏は、「自分が大統領でいる限り、イランに決して核兵器を持たせない」と語り始めた。続けて、イランの攻撃による被害はなく、「イランは戦闘態勢から引く様子で、それは全ての当事者にとって、そして世界にとってとても良いことだ」と述べた。

・直接の発端となった司令官殺害の動機について

トランプ氏は、米軍が3日にドローン攻撃でバグダッドで殺害したイラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ将軍のことを、テロ組織を支援し、中東各地で内戦を扇動し、多数の米兵を無残に殺害した、「最悪の残虐行為の責任者」だと非難。

新しいアメリカ攻撃を計画していた「世界一のテロリスト」と呼び、「もっと前に終了させるべきだった」が、自分たちが「食い止めた」と述べた。

・戦争を回避する姿勢を見せたトランプ大統領

トランプ氏は「わが国の兵士は全員無事であり、われわれの軍事基地における被害は最小限にとどまった。われらが偉大なる米軍は、何に対しても備えができている」と述べた。

また「イランは身を引いているようだ。これは全当事者にとって良いことであり、世界にとって非常に良いことだ。米国人やイラク人の命は失われなかった」と話した。

イランがいずれ世界の国々と協調して繁栄する、本来あるべき素晴らしい未来を実現するよう期待すると述べ、「合衆国は平和を求める全ての相手と、平和と受け入れる用意がある」と主張した。

・「イラン合意」について言及

欠陥のあるイラン核合意はどうせまもなく失効する。イランは核開発をやめ、テロの支援をやめるべきだ。

イギリス、ドイツ、フランス、ロシア、中国も、この現実を認識するべきだ。

関係国はこれまでのイランとの核合意にとらわれず、世界をより安全で平和にするため新たな合意に向けて協力するべきだ。

新たな合意はイランの経済的な可能性を引き出し、豊かで活気ある社会をつくるものであるべきだ。

▼ひとまず戦争回避…和平に向けたトランプ大統領の声明に様々な声

おはようございます॰˳ཻ̊♡トレンドに戦争回避ってあったから安心した。

トランプ大統領の演説を受け米国市場に安心感が拡がっています。

トランプ大統領のイランの会見全部生で見たけど結局和解するんやな。平和が1番や。

トランプの記者会見、質疑応答なしで終わった。要点は ・米軍にもイラク人にも犠牲者は出なかった ・イランは対立から降りたようだ ・最大のテロリストであるソレイマニを殺害した(それで平和になるとは言わなかった) ・イランの態度が変わるまで制裁は続ける ・NATOは中東にもっと関心を持て

アメリカ人犠牲者はいなかった、と自慢したのと、イランを非難して経済制裁を言っただけです。イランは休戦を希望しているようなので軍事力は用いないとして、戦争回避です。わざとらしく平和を強調するマッチポンプ演説でした。 twitter.com/kuwa39/status/…

トランプ政権は報復合戦をエスカレートさせることを避け、経済制裁強化を打ち出しました。とりあえずは軍事攻撃合戦の大規模化という危険水域は脱しました。トランプはイランと新たな取引に入ることを提案。トランプ政権は圧力を高めて戦争の危機を演出し膠着した交渉を動かそうという意図だったかと。

・Twitterではアメリカとイランの戦争について様々な話題が出ていました

戦争反対がトレンド入りしているみたいだが一概に反対するだけではなく何故戦争が起きるのか、目的は何処なのか考えることが大切なことだよな。 トランプが軍司令官を殺害した時アメリカ国旗をツイートしたと思ったら今度はイランが報復のミサイル打ち込んで国旗をツイート。 ツイッターって凄えよな。 pic.twitter.com/iEcJNLRSpH

Twitterで宣戦布告や戦争回避したりするツイートが見れるとは

日本とアメリカのTwitterトレンドの差。 アメリカでは第三次世界大戦なんて言葉がトレンド入りしてるのに、日本のトレンドではエンタメばっかり この違いが怖い 日本大丈夫? イランとアメリカが戦争始めたら日本も動かざるを得ないんじゃないって考えただけで恐怖 pic.twitter.com/sKLlln0R3l

イランの文化遺産を攻撃対象とすることも辞さないトランプ大統領の脅しに対して、#IranianCulturalSites というハッシュタグが立ち上がり 世界中の人々がイランの美しい写真をシェアしています。 私も1年前のイラン旅の写真を。 この輝くような美しさを、永遠に閉じ込められる魔法があればいいのに。 pic.twitter.com/5zzYOIJ4O4

▼もともと親米国家だったイランとアメリカの対立の変遷

1 2