1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさに地獄絵図…豪で今度は「ラクダ」が大量に射殺される事態に

山火事で大変なことになっているオーストラリアですが、今度はラクダが大量に射殺されるという事態が起きているようです。いったいなぜ?

更新日: 2020年01月09日

16 お気に入り 64732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■オーストラリアでは山火事で多くの命が奪われている

1月2日には州政府が今季3回目の非常事態を宣言。昨年9月以降、1月4日までで死者は計18人、家屋の焼失は1300棟以上に上る

オーストラリアで昨年9月から続く山火事により多くの人や動物が命を落としており、新たな調べにより約10億匹の命がうしなわれた可能性があることがわかった

オーストラリア南東部で猛威を振るっている森林火災で、固有種コアラの保全のカギを握る個体群、推計5万匹のうち少なくとも半数が死んだ恐れがある

■信じられない規模の損害…

火災により、住む場所を追われ、白い煙が漂う草原を跳ねるカンガルーの群れの姿や、足もとが熱いのか、身動きが取れなくなっている1匹のコアラ

「オーストラリアの人々は自分たちの国の生態系をとても大事にしています。その生態系が、火災によってダメージを受けているのはショックだろうなと思います」

同州メリンブラのポトルー・パレス自然保護区も火災に見舞われた。ここで働くジョン・マーシュさんは、火災が過ぎ去っても、生き延びた動物の未来は見えないと語った

■そんな中、新たな犠牲者が…。「ラクダ」だ

ラクダ(駱駝)は、哺乳類・ウシ目(偶蹄目)・ラクダ科・ラクダ属 Camelus の動物の総称

古くから人間の活動と密接に関わりながら分布を拡大させており、乾燥地帯での人間の歴史においてはラクダの活躍抜きには語れない

CNN系列局のセブンニュースは、およそ1万頭のラクダが射殺の危険にさらされている

■いったいどういうことなのか?

厳しい干ばつに見舞われているオーストラリアの南オーストラリア州で、必死に水を求めるラクダによって住民の生活が脅かされているとの苦情が相次ぎ、8日からラクダの殺処分が

「非常に大きな」ラクダの群れが先住民の集落に侵入し、不足している食料や飲み水を奪おうとしたり、インフラ設備を壊したり、車の運転手に危険をもたらしたりしている

ラクダの群れはフェンスをなぎ倒したり、住宅の周辺に侵入したり、空調設備から水を飲もうとしたりしている

■ちょっと衝撃のニュースだ…

昨日からラクダ、馬、イノシシたちの射殺が始まった SA州の干ばつの酷い地域では野生動物が集落の水を求め押し寄せてる。水が飲めず死んだ動物たちの臭いやストレス等で住人達も病気に。 ヘリコプターの上から野生動物1万頭の射殺が今週末まで続く amp-news-com-au.cdn.ampproject.org/v/s/amp.news.c…

森林火災コアラには水をあたえ 水を求めてきたラクダは増えすぎてるから射殺って なんだかなぁ.... 人間って勝手やな

コアラを必死で助ける一方でラクダ(野生化した外来種)は射殺か そうするしかない状況なんだろうけどなんとも世知辛い…

人間ほど身勝手な動物はいない。 人間が気候変動の種をつくる。 その影響で干ばつが起こる。 ラクダが水を求め集落に。 人間がそんなラクダを1万頭射殺する。 afpbb.com/articles/-/326…

■ラクダが可哀そう…と思うが、豪では以前より野生のラクダに悩まされていた

1 2