1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■昨年12月以降、中国・武漢市で流行している「原因不明の肺炎」

患者は59人にまで増加

湖北省の省都で人口1900万人の武漢市では、先月12〜29日に原因不明の肺炎にかかる患者が相次いで発生。

SARSやMERS、鳥インフルエンザなどではない

03年に中国で流行し、感染者数8098人、774人が死亡した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」の再流行だと疑われた。

しかし、当局による臨床検査の結果、SARSや中東呼吸器症候群(MERS)のコロナウイルス、インフルエンザ、鳥インフルエンザなどの病原体の可能性は排除されていた。

■そんななか、原因と考えられるウイルスが患者から検出された

昨年12月以降、中国内陸部の湖北省武漢で相次いでいる原因不明のウイルス性肺炎について、中国国営メディアは「新型のコロナウイルスが検出された」と伝えた。

■詳細

現地入りした専門家チームが複数の患者から「新型のコロナウイルス」を検出し、これが病原体だと初歩的に判断。

病原体の精密な確認にはもっと包括的な情報が必要としているが、SARSやMERSを発症させたウイルスの仲間で、新種の可能性があるという。

■「コロナウイルス」とは

風邪などの原因となるウイルス

コロナウイルス科に属するRNAウイルスで、表面にある花弁状の突起から太陽のコロナのように見えるため、この名が付いた。

人に感染症を引き起こすコロナウイルスは現在6種類が知られ、このうち4種類は通常の風邪など軽微な呼吸器症状の原因となる。

人以外に感染するコロナウイルスは多種存在

SARSコロナウイルスとMERSコロナウイルス

SARSコロナウイルスは、コウモリコロナウイルスが変異、ハクビシンなどの動物を経て人に感染するようになったと考えられている。

MERSコロナウイルスは近縁の新種で、遺伝子解析からヤマコウモリやラクダを介しての感染が疑われている。

■今回の肺炎の感染源や感染ルートは不明

しかし、現時点で人から人への感染は確認されていない

現在、すべての患者が医療機関に隔離されて治療を受けているほか、患者らと濃厚接触した人についても経過観察が行われている。

1 2