1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

伸びやかな演技が魅力!女優「黒島結菜」のおすすめ作品

朝ドラ『スカーレット』のキーマンとして出演中の「黒島結菜」のおすすめ作品。『アオイホノオ』、『ごめんね青春!』、『時をかける少女』、『アシガール』、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』、『カツベン!』。

更新日: 2020年02月01日

3 お気に入り 9931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『アオイホノオ』(2014)

監督:福田雄一
脚本:福田雄一
原作:島本和彦
出演:柳楽優弥、山本美月、安田顕、ムロツヨシ、中村倫也、黒島結菜、浦井健治、濱田岳、佐藤二朗

島本和彦の人気漫画を福田雄一監督がドラマ化した青春コメディ。時は1980年代初頭。大阪芸術大学1回生・焔モユルを中心に、クリエイター志望の若者たちが“まだ何者でもなく、熱かった日々”を描く。

「アオイホノオ」この夏一番でしょ!脚本、演出、出演者たちの演技、すべてが面白い‼︎‼︎そこに日本のマンガとアニメの素晴らしさをリンクさせるところは絶妙‼︎‼︎ 第2話から注目の黒島結菜さん登場で 俄然‼︎‼︎ #アオイホノオ #ドラマ24

アオイホノオ見終わった‼︎ 黒島結菜ちゃんの演技最高だった。 アオイホノオではちょっとおバカさんの子を演じてて似合ってたし。 ごめんね青春は真面目な感じの子を演じててそれもそれで似合ってるし、 どんな演技でもできちゃう気がしてきた

◆『ごめんね青春!』(2014)

脚本:宮藤官九郎
出演:錦戸亮、満島ひかり、永山絢斗、波瑠、斉藤由貴、森下愛子、えなりかずき、生瀬勝久、風間杜夫、重岡大毅、森川葵、黒島結菜

宮藤官九郎脚本、錦戸亮と満島ひかり共演による学園青春ドラマ。原平助は母校の仏教系男子校、通称・東高で教鞭を執っていた。ある日、三島市の高校生たちが乗る電車の中で盗撮騒動が起こり…。

ごめんね青春の第四話を二周目みた( ^ω^ )黒島結菜ほんとにかわいい♪最後の集合写真のシーンたまらなかったなー(っ ˘ω˘c ) #ごめんね青春 #黒島結菜 pic.twitter.com/od2neQcNm2

ごめんね青春の中井貴子役、黒島結菜に見惚れる。素晴らしい演技。アオイホノオの津田ヒロミもウザかわいい感じでよかったけど、中井さんの憂いを帯びたクールさに痺れる。

『ごめんね青春!』面白いなぁ。流石クドカン期待を裏切らない!台詞がいちいち気が利きすぎ。あまり好きじゃなかった満島もハマり役だし、黒島結菜も川栄も中村静香もキャラ最高。にしても丸山くんといい、関ジャニ教師役だらけなw pic.twitter.com/zSLFV5hoAQ

◆『時をかける少女』(2016)

原作:筒井康隆
脚本:渡部亮平
出演:黒島結菜、菊池風磨、竹内涼真

筒井康隆の名作小説を黒島結菜主演で実写化したSF青春ドラマ。時を自在に超える能力を身に付けた少女が体験する不思議な出来事と、未来からやって来た少年との淡い恋を描く。

『時をかける少女』思った以上にタイムリープしまくりなのが可笑しかった。風景は映画版っぽくて雰囲気はアニメ版っぽい。黒島結菜がこの世界観にものすごく合ってる。

時をかける少女の最終回で不覚にも泣いてしまったわ……黒島結菜ちゃんの泣きの演技が良すぎたよあれは…最初から最終回までほんとよかった…

◆『アシガール』(2017、2018)

原作:森本梢子
脚本:宮村優子
出演:黒島結菜、健太郎、松下優也、ともさかりえ、川栄李奈、石黒賢、イッセー尾形

森本梢子原作の同名漫画を、『花燃ゆ』の宮村優子脚本で実写ドラマ化。足の速さが取り柄の女子高生・速川唯は、ある日戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで重臣に足の速さを見出された唯は、羽木家の足軽・唯之助となる。

黒島結菜ちゃんも伊藤健太郎くんもアシガールの原作まんまだしハマり役過ぎてNHKのキャスティングは天才 pic.twitter.com/8OHR1WbDvG

『アシガール』第12回(最終回) #黒島結菜 ✨ アシガール最高に面白かったです! pic.twitter.com/POUD7WvwWH

では発表にうつります。 【主演女優賞】黒島結菜 #アシガール 彼女の演技はこれまでも観てきたが、今回が一番のハマり役ではないかと思える程、いつも以上に生き生きと唯というキャラクターを生きていた。このドラマが視聴者に愛されたのには彼女の好演による所も非常に大きい。 #ぞうさん賞2017

◆『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019)

脚本:宮藤官九郎
出演:中村勘九郎、阿部サダヲ、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、森山未來、神木隆之介、松重豊、古舘寛治、大竹しのぶ、役所広司、黒島結菜

日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年のストックホルムオリンピックから、1964年に東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を豪華キャストで描く!

1 2