1. まとめトップ

西之島『噴火生き残ったゴキブリ』大繁殖して生態系壊れる!?

ゴキブリが大量繁殖して、日本の無人島の生態系に危機が訪れている。

更新日: 2020年01月11日

1 お気に入り 3602 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ゴキブリが大量繁殖して、日本の無人島の生態系に危機が訪れている。

divdivさん

◆西之島とは

平成25年に活発な噴火活動が始まり、海上保安庁などによりますと、島の面積はおよそ10倍に

◆上陸調査で分かったこと

3年ぶりに上陸調査を行ったところ、「ワモンゴキブリ」が大量に確認

体長およそ4センチと、島で見つかったほかの昆虫と比べて大きい

◆過去の調査で分かったこと

アオツラカツオドリ

鳥類ではアオツラカツオドリが定着していると見られるほか、カツオドリや渡り鳥のアトリ、ハクセキレイ、昆虫はトンボやハサミムシ、ガの幼虫、植物はオヒシバやイヌビエなど3種類が確認

鳥類5種の繁殖と、節足動物(トビカツオブシムシを含む昆虫やダニなど)32種、カニ2種、貝類4種の生息が確認

◆今後の対応は?

繁殖力の強いゴキブリを駆除する過程でほかの生物も死んでしまったり、生態系のバランスが崩れてしまったりする

◇Twitterの反応

◆そのうちゴキが支配する島に…

西之島でゴキブリ繁殖笑った 噴火の中を生き残ったってこと?すげえ……孤島で繁殖し独自に進化を遂げるゴキブリ……テラフォーマーズじゃん………

西之島にゴキブリ放ってテラフォーマーズみたいにしたらじょうじになるのかな

西之島にゴキブリ繁殖って。後何年かしたら独自の生態系を作って二足歩行始めるんですよね? ジョウジ pic.twitter.com/oXtml2P1yR

西之島でゴキブリ繁殖ってテラフォーマーズじゃん。

www3.nhk.or.jp/news/html/2020… >ゴキブリは活発な噴火活動が始まる前から島にいて、漁業者の船などから入り込んだとみられていましたが、噴火後も生き残っていたうえ数百匹に増えている可能性があるということです。 人類滅亡後も残る説が補強されたな

1 2