1. まとめトップ

イランはウクライナ機撃墜を行っていた!撃墜理由や今後の影響

イランが徹底否定していたウクライナ機撃墜について、全面的に認める声明を発表しました。撃墜の理由や今後の影響はどうなるのか?

更新日: 2020年01月11日

1 お気に入り 1105 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イランが関与を否定していたウクライナ機墜落を、認める声明を発表。関与を全面的に否定していただけに、気になる撃墜理由や今後どのような影響が予想されるのか?という点についてまとめました。

ウクライナ機墜落とは?

8日にテヘランで墜落したウクライナ航空機は、イランが発射したミサイルに撃墜された可能性があると、西側諸国の首脳が主張している。誤射の可能性があるという。

カナダは「イランによるもの」と主張しており、アメリカのトランプ大統領は「可能性はある」と言った立場でさした。

「徹底的な調査が必要だ。カナダ国民は疑問を抱いている。答えを得る権利がある」

一方でトルドー氏は、責任の所在を明らかにしたり結論を出すには尚早だと述べ、証拠の詳細についても言及しなかった。

墜落機にはカナダ人が63人乗っていた。また、キーウ経由でトロントへ向かう乗客も多く乗っていたという。

カナダ行きの飛行機だったので、カナダ人が複数人搭乗していました。そのため、カナダは今回の件で、声明を出さない訳にはいかないという立場です。

ジョンソン首相も、イランの地対空ミサイルが墜落の原因だという「具体的な情報」を得ていると発表した。また、情報は「意図的ではなかった可能性」を示しているとしている。

墜落では4人のイギリス人が犠牲になった。事故当初はイギリス人の犠牲者は3人と伝えられていたが、英首相官邸は9日、4人の死亡を確認したと発表した。

イギリスも意図的では無かった可能性もあるという見方を見せています。

ウクライナ機墜落事故の件でアメリカとカナダの大統領がミサイルによる撃墜と発表。それに対しイランは技術的問題で墜落と発表。現時点で事実はわからないが確実なことはどちらかの国が嘘をついていると言うこと。180人近くの一般人が亡くなった事故を国の公式発表で嘘をついている。恐ろしい(-_-)

ウクライナ機墜落がイラン側の誤認による撃墜と言う推測は、カナダ首相も言及した事などから確率は低くはなさそう。 戦争の危機と言う事態の中ではその様な悲劇がトランプ大統領の言う”ひどい誤り”で誘発され得ることは、他ならぬアメリカが80年代にイランの旅客機を撃墜したことで証明されている。

イランで墜落したウクライナ機、革命防衛隊のミサイル研究施設の付近を飛行したため米軍機と誤認されて撃墜された? >RT

イランは完全に否定していた

ウクライナの旅客機がイランの空港を離陸後まもなく墜落したことについて、イランの航空当局は10日会見し「いかなるミサイルによっても撃ち落とされていないと断言できる」と述べて、イランが撃墜したという見方を改めて否定しました

断言しちゃってる・・・

操縦席の会話などが録音されるブラックボックスについては「通常の状態であれば、イランでデータを読み取ることができるが、損傷がひどい場合は、ほかの国に支援をお願いすることになる」と説明しています。

まだ、詳細が分かっていない状態だった可能性が高いでしょう。

墜落の原因について、イランの首都テヘランに暮らす26歳の男子大学生は「技術的な理由だと思っています。撃墜だという情報を出すことで、アメリカがイランのイメージをおとしめようとしているのではないか」と話していました。

イラン国内では「アメリカが関与しているのでは?」という意見も。現在、イランで高まっている反米感情が表れていると言えます。

しかし、11日には関与を認めた

ランの首都テヘランの国際空港で今月8日発生したウクライナ国際航空の旅客機墜落でイラン軍参謀本部は11日、誤って同機を標的にし、撃墜したと述べた

イラン側はこれを全面的に否定していましたが、イラン軍は11日、声明を発表し「ウクライナの旅客機は革命防衛隊の重要な軍施設に接近してきていた。こうした中で人為的なミスによって攻撃された」として、イラン軍が誤って旅客機を撃墜したことを認めました。

撃墜した理由は、人為的なミス。

そのうえで犠牲者と遺族に対し「哀悼の意を表するとともに、人為的ミスが起きたことを謝罪する」としています。

断言までしていたのに、一転して認めました。イラン側としても様々な経緯があったと推測されますが、遺族からすると、かなり腹立たしいでしょうね。

おわびで済むのか? イラン、ウクライナ機の撃墜認める 人的ミスとおわび:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASN1C…

あ〜、やはり、認めましたね。QT イランが撃墜認める、主張撤回 ウクライナ機「人的ミス」 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-… #Yahooニュースアプリ

まああれだけはっきりした証拠映像があれば認めるしか無いんだろうけど、認めたのは立派。  証拠を突きつけても絶対認めない国が日本の近くにあるのはとてもとても遺憾。  ───  イランが撃墜認める、主張撤回 ウクライナ機「人的ミス」(共同通信) - Yahoo!ニュース: headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-…

>「(ウクライナ機が)イランの精鋭部隊・革命防衛隊の軍事拠点の方角に向かうなどしたため、不注意で撃墜した」 (´・ω・`)不注意で176人もの命を奪ったわけですか… イラン航空当局の否定は一体なんだったのでしょう? イラン、ウクライナ機の撃墜認める 人的ミスとおわびasahi.com/articles/ASN1C…

>イラン軍 撃墜を認める ウクライナ機墜落 人為的なミスで<NHK > www3.nhk.or.jp/news/html/2020…  民間航空機でも誤射を招く極度に緊張した領域に、自衛隊機を派遣すれば、相手国からは軍用機としか見えない、調査行動も偵察と受け取られるだろう。極めて危険だ。

全く何の関係も無い民間人(子供含む)が犠牲武力衝突からは悲しみ憎しみしか生まれ無い イランが撃墜認める、主張撤回 ウクライナ機「人的ミス」(共同通信) topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyodo_…

当時、イランの国内の警戒は最高レベルに高まっていた

バグダッド時間8日未明のイランによる米軍駐留基地へのミサイル攻撃で死傷者は出なかった。このため、トランプ大統領は戦争へとエスカレートするかに見えた状況で、対決姿勢を後退させることができた。

イランはウクライナ機撃墜の数時間前に、米軍基地への攻撃を行っていた。

1月2日のソレイマニ司令官殺害は劇的な力の誇示であり、少なくとも当面の間、米国とイランの力関係はリセットされた。米国内ではトランプ大統領の支持者の多くが活気づいた。

アメリカは、国民に「死傷者は出なかった。ただ、経済制裁を行います」

イランは、国民に「アメリカの兵士を数十人殺害出来た」

という立場を取ることで、国民感情を抑えようという思惑があった可能性が高い

イランによるミサイル攻撃が比較的小規模だったことは、外交政策の非伝統的アプローチが相応の効果を発揮し得るというトランプ大統領と側近らの主張を補強する

ただ、いくら小規模の攻撃であったとしても米軍基地への攻撃を行っているので、当時イランの警戒レベルは相当高かった事が予測されるでしょう。

また、ウクライナ機は米軍基地の近辺を飛んでおり、イラク軍を狙った米軍の勢力であると判断された可能性もあります。

1 2