1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎近年、じわじわ増えているという「非正規公務員」

全国の都道府県や市区町村などで非常勤や臨時の職員として働く「非正規公務員」は3年前の時点で、およそ64万人に上り10年余りで、およそ40%増加しています。

このうち市区町村では48万人余りと職員のほぼ3人に1人の割合に増えています。

◼︎短い契約を繰り返し更新する「非正規公務員」

「来年の仕事があるか分からない」「バイトをしないと食べていけない」そんな公務員がいると聞いたら、どう思いますか?

半年や1年などの契約を更新しながら働く自治体の「非常勤職員」や「臨時職員」は、専門家などの間で「非正規公務員」と呼ばれています。

◼︎その報酬が驚くほど低いと問題視されている

例えば、「一般職非常勤職員」として事務補助に就いている職員の平均時給は919円、「臨時的任用職員」だと845円だ。

◼︎この件について、SNSでは様々な声が相次いでいます

仕事内容が同じなのに正規、非正規があるっていう意味がわからない… しかも給料や待遇がちがうとはなんなんだ?? 非正規公務員 一部自治体で給料減額の動き www3.nhk.or.jp/news/html/2020…

非正規公務員 一部自治体で給料減額の動き | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2020… もうむちゃくちゃ。公務員の給与と一口に言っても、非正規公務員の待遇はとんでもないことになっている。公務員叩きは、議員や高級官僚とは分けて考えなければダメですよ。

学芸員だから、専門職だから優遇しろと思っているのではない。官製ワーキングプア全部がおかしいでしょ?でもさ、個人ががんばってもムダなんだよ。だからこうしてこんな待遇の非正規公務員もいるよって声を出しただけ。

非正規公務員にボーナスを…とかニュースで言ってるけど、どうせ待遇改善するなら全員を正規雇用しちゃえばいいのにね(´・ω・`)

派遣社員とか非正規雇用じゃなくて、ちゃんと正規雇用の公務員増やしてくれ……

◼︎こうした現状を受けて、待遇改善を目指す新制度が始まる

全国の自治体で働く「非正規公務員」の待遇改善に向け、ボーナスの支給を可能にする、新たな制度が来年度から始まります

非正規労働者の待遇改善を含む政府の「働き方改革」を背景に、47都道府県が来年度から、非正規の職員にもボーナスに当たる期末手当を支給することが、共同通信のアンケートで分かった。

「官製ワーキングプア」とも呼ばれ、手当支給でも待遇は大きく改善しないとの指摘もある。

◼︎しかし、一部では月給を下げる動きが出ているという

全国の自治体で働く「非正規公務員」にボーナスの支給を可能にする新たな制度が新年度から始まるのを前に、

一部の自治体で毎月の給料などを減らす動きが出ていることがわかりました。

1 2