1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まとめに載せてほしくない方は削除いたしますので、お手数ですがツイッターの@ayame1105naverまで掲載何ページ目かを記載の上リプください。

ayame1105さん

巻末に聖地巡礼など。毎週更新予定 #麒麟がくる #明智光秀 #斎藤道三 #帰蝶 #斎藤義龍 #斎藤高政 #妻木煕子 #三淵藤英 #細川幽斎 #細川藤孝 #足利義輝 #松永久秀 #三好長慶 #細川晴元 #織田信長 #土田御前 #織田信秀 #織田信広 #織田信勝 #平手政秀 #今川義元 #太原雪斎 #土岐頼芸 #深芳野 #徳川家康 #松平竹千代 #水野信元 #於大の方 #本能寺 第十一回 将軍の涙

年表

1話
1543年     鉄砲伝来
1544年     織田信秀が大垣城を落城
1546年     濃姫が土岐頼純に嫁ぐ
1546年12月   足利義輝が室町幕府第13代征夷大将軍に就任
1547年8月2日 徳川家康が織田家の人質となる
2話
1547年11月4日(1544年10月8日説も有り)加納口の戦い(勝・斎藤道三vs敗・織田信秀)
1547年11月17日 土岐頼純急死(享年24)
3話
1548年2月   道三の養子だった斎藤正義が久々利頼興に謀殺される
1548年3月17日 本多忠勝生誕
1548年4月27日 第二次小豆坂の戦い(勝・今川義元vs敗・織田信秀)
1548年12月30日 上杉謙信が家督を相続
6話
1549年     斎藤道三が大垣城を落城
8話
1549年3月23日 濃姫が織田信長に嫁ぐ
9話
1549年4月3日  徳川家康の実父・松平広忠死去(23歳)
10話
1568年6月12日~24日 江口の戦い 三好長慶が三好政長(宗三)を討伐
1549年8月15日 フランシスコ・サビエル来日
1549年11月   第四次安城合戦(勝・太原雪斎vs敗・織田信広)
11話
1549年11月   徳川家康が今川家の人質となる
1550年5月20日 足利義晴(室町幕府第12代将軍)病死
1550年11月21日 中尾城の戦い
1551年2月   足利義輝が朽木へ移る

1552年     土岐頼芸が道三に追放される
1552年4月8日  織田信秀(信長の父)死去
1553年2月25日 平手政秀自刃
1553年     斉藤道三と織田信長が聖徳寺で対面 
1553年~1564年 川中島の戦い (武田信玄vs上杉謙信)
1556年4月   長良川の戦い(勝・斎藤義龍vs敗・斎藤道三)
1556年5月28日 長良川の戦いにより斎藤道三戦死(享年63)
1556年9月27日 稲生の戦い(勝・織田信長vs敗・ 織田信勝)
1557年     織田信長と側室生駒氏との間に嫡男・織田信忠誕生
1558年12月11日 信長の弟の織田信勝死去
1559年4月13日 徳川家康と正室瀬名との間に嫡男・松平信康誕生
1559年11月11日 織田信長と側室の間に長女・徳姫誕生
1560年6月12日 桶狭間の戦い(勝・織田信長vs敗・今川義元)
1563年     煕子との間に珠(後の細川ガラシャ)が生まれる
1563年3月24日 細川晴元死去(49歳)
1565年6月17日 永禄の変、足利義輝戦死(29歳)
1565年11月   武田勝頼と織田信長姪の龍勝院が婚礼
1568年3月10日 足利義栄が室町幕府第14代征夷大将軍に就任
1570年7月30日 姉川の戦い(勝・織田信長vs敗・浅井長政)
1573年8月27日 室町幕府滅亡
1574年7月23日 三淵藤英自害
1577年11月19日 松永久秀自害(69歳)
1582年6月21日 本能寺の変

登場人物

光秀ならきっちり史実に完璧ヒロイン煕子さまがいるのに、もっと早く出さずにここまで引っ張ったのは、帰蝶さまとの淡い想いを描写するのに煕子さまがいるとストーリーにならないからか。 しかしそうなると、駒ちゃんの先行きがめちゃくちゃ修羅っぽい…… #麒麟がくる pic.twitter.com/kdAPVwvHBY

斎藤義龍(斎藤高政)
斎藤道三の嫡男

ねえねえねえねえ帰蝶ちゃん超好みなんですけどねえねえそもそも馬乗れる女性大好きなんだけど すき!!!!! #麒麟がくる pic.twitter.com/Vye12HsOKx

織田 信秀(おだ のぶひで)
戦国時代の尾張国の武将、戦国大名。織田信長の父。

土田御前
(どたごぜん/つちだごぜん、生年不詳 – 文禄3年1月7日(1594年2月26日))は、織田信秀の継室(織田達勝息女が最初の正室であるが離縁)。
信長、信行、秀孝、信包、市(浅井長政→柴田勝家正室)、犬(佐治信方→細川昭元正室)の生母。
うつけと呼ばれた信長を嫌い、品行方正な信行を可愛がったと言われる。

土田御前の紺色なのに鮮やかな柄の着物が印象的でした。衣装さん頑張ってますね・・・ #麒麟がくる pic.twitter.com/5bx183EE5g

#麒麟がくる 弾正殿を魅力的な人物に描くのは評価できるw しかし丸顔の信長は絶対評価できんw これじゃイケメン元康だろ? pic.twitter.com/v5uuoi9oBi

織田信行
おだ のぶゆきは、戦国時代の尾張の武将。同時代史料に見える諱は信行ではなく、信勝(のぶかつ)、達成(みちなり)、信成(のぶなり)である。
父は織田弾正忠家の織田信秀、母は土田御前で織田信長の同母弟である。

平手 政秀
ひらて まさひでは、戦国時代の武将。織田信秀、信長の2代に仕える
信秀が死去して織田家中が不穏となる中で、天文22年閏1月13日(1553年2月25日)に自刃した。享年62。
自刃の理由
信長の奇行を憂い、自身の死で諌めるため - 美談として有名。

平手政秀の、最初は十兵衛に媚びているともとれる腰の低さだったのに、援軍が出ないと分かった途端の帰蝶に向ける含みのある冷たい目が印象的でした。大河ドラマの役者さんはいい演技しますね #麒麟がくる pic.twitter.com/Y1Z3SOnO0W

土岐頼芸
ときよりあき
文化人としても知られ、幾つもの書画を書き残している。特に鷹の絵を得意とし、彼の描いた鷹の絵は「土岐の鷹」として珍重されている。
斎藤義龍の生母・深芳野は頼芸の愛妾で、享禄元年(1528年)に頼芸から道三に下賜されている。
翌享禄2年(1529年)に義龍が生まれている出生時期や、道三と義龍が義絶していることから、義龍を頼芸の実子とする説もあるが、江戸時代の創作であるともいわれている。

深芳野
(みよしの/生没年不詳)は、戦国時代の女性。
稲葉通則の娘で一鉄の姉とも、または一色左京大夫義清の娘ともされ、母は一色義遠の娘。『美濃国諸家系譜』によれば、土岐頼芸の愛妾でのちに斎藤道三の側室となったといわれる。斎藤義龍の母。斎藤喜平次も深芳野の子とも。
『美濃国諸家系譜』によれば、美濃国一の美女であったとされ、身長は六尺二寸(約187cm)もあったという。

#麒麟がくる 第1~3回一挙再放送 感想⑤ 今回、初めて副音声ありで視聴した。 確かに分かりやすいし、宗方さんの声は心地よい。 だが、この解説↓は必要だったのか…(笑)? 副音声:【厚化粧の顔】で高政を見る(深芳野) pic.twitter.com/5SlPhYkXpP

今川義元
父:今川氏親、母:寿桂尼(中御門宣胤の娘)(異説あり)
正室:定恵院(武田信虎の娘)
側室:井伊直平の娘説あり。
子:氏真

1 2 3 4 5 ... 29 30