1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

4月から始まるプログラミング教育必修化がぐだぐだになっていた・・・

2020年4月から始まる小学校のプログラミング教育ですが、必要最低限の準備も整っていない自治体が6.5%も存在しています。プログラミング教育必修化の背景と現状についてのまとめ

更新日: 2020年01月12日

12 お気に入り 18311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プログラミング教育必修化が混乱しているようなので、その現状や背景についてまとめました。

100を超える自治体がまだ準備できていない

今年4月から小学校で必修化されるプログラミング教育をめぐって、全国の市町村教育委員会のおよそ6.5%で最低限必要な指導体制が整っていないことが分かりました。

最低限の指導体制も整っていない

今年4月から小学校で必修化されるプログラミング教育について、全国の市町村教育委員会のおよそ6.5%にあたる114の委員会で最低限必要な指導体制が整っていないということです

小規模な自治体で必修化に向けた準備が遅れている傾向があるということで、文科省は、「ヒアリングを行ったうえで研修会を開催するなど、サポートしていきたい」としています

ぐだぐだ感が否めない

プログラミング必修化、絶対先生よりすぐできるようになる生徒とかいるだろうし楽しみ 自分がコード触れ始めたのは大学生からだし羨ましい

今年から小学校教育でプログラミングが必修化された。 英語必修化の次がプログラミング。 これからの時代どれだけこの技術が必要とされるのかを物語っている。 プログラミングができないと 数年後に痛い目見る気がする。 #プログラミング

プログラミングや英語の必修化は子どもに負担をかけるだけで、道徳とともに中止すべき。 news.yahoo.co.jp/pickup/6347791

英語のように必修化したところで教えられる教員が充分な数集められないのでは、という話はちょくちょくしてたけど、まさにそうなった 現場ですらエンジニアが足りてないのに、プログラミング必修化を決めた人たちはどうやって教員を集める想定だったんだろう headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-…

逆に準備がほぼ完了しているのは7割

同省は19年11月、全国市町村の教育委員会を対象に、各学校で1人以上の教員がプログラミング教育に関する研修を受けたり、模擬授業を行ったりなど最低限必要な準備を行っているかを調査した。

調査の結果、73.5%の教育委員会が、管轄する全ての小学校で研修や模擬授業を行っていることが分かった。残りの19.9%も、20年3月末までに行う予定があるという結果になった。

3カ月に迫っているのに、まだ7割

、都道府県ごとに準備状況にばらつきがあることも問題視している。茨城県や埼玉県などでは、すでに全ての小学校で基礎的な準備が行われている一方で、青森県や福島県、大分県では19年11月時点で最低限の準備を行ったとする教育委員会が半数を割った

地域によって、格差が発生している傾向にあるようです。

大学入試改革もそうだけど、準備に5~10年はかかることを1,2年でやろうとするから失敗するんだよね。学習能力ないなあ。 プログラミング教育、スタートに黄色信号 準備順調7県のみ(産経新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-…

プログラミング教育が上手くいかないと思う理由 1 グランドデザインがない 2 授業に学習科学がない 3 wifiない 4 テック好きな先生の授業だけでつかう 5 そもそも管理職のる気じゃない 6 スクラッチで始まり、スクラッチで終わる 図書館訪問レポート No.1 t.ly/ED7pp

「もともとプログラミング教育に精通した職員がいない中で、4月からは英語や道徳の教科化が始まる。とても手が回らない」 twitter.com/YahooNewsTopic…

プログラミング教育の研修や模擬授業について「管内の各校で1人以上の教員が実施済み」か聞いて、6.5%が未実施と答えている。しかし、そもそも新たな取組を導入するのに1校中に1人しかいなかったらまともにできる保証はまるでない。文科省の設定している準備目標が低すぎ。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-…

そもそもなぜプログラミング教育必修化をはじめたのか

プログラミング教育が必要とされる背景のひとつとして、第4次産業革命やグローバル化に対応する人材を育てることがあります。

第四次産業革命とは、AI・IoTを中心とした技術革新によって、産業構造が根底から代わる事

経済産業省の発表では、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人ものIT人材が不足するとされています。

日本ではIT人材が不足している

プログラミング教育の目的は、プログラミングのスキルを身に着けるだけでなく、「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成」が目的とされています。

プログラミング教育をやる事によって、副次的な恩恵も期待している

本当にその通りです! 文科省は理想ばかり語り、ただでさえ教員不足の今、プログラミング教育、英語と新しいことを増やしてばかり。減らすことはせずに。 文科省は学校現場を全然分かってないです!現場の先生を殺しにかかってます。 twitter.com/bigface1979/st…

まぁ、当然の結果ですね…。 そもそも現場には新しいことを始めるだけの余裕がないんだよ。 まず業務を減らさなきゃだよ。 こんな状態の中途半端なプログラミング教育なんてやらない方がいい。 プログラミング教育、スタートに黄色信号 準備順調7県のみ news.yahoo.co.jp/pickup/6347791

小学校のプログラミング教育、AtCoderが緑以上を派遣とかしたら、日本のレベルめちゃ上がりそう。

親としては #プログラミング教育 を 子どもと一緒に楽しみながら勉強したい。 でも現状なんにもわからない状態だから 学習要領や教材内容をはやく知りたい。 びびる事なくスタートしたいと思うし、 がんばらないと嫌いになっちゃうよ。 大抵の親世代は習った事なんてないし。 切に願っております。

プログラミング教育するならそもそも言語を教える必要はなくて、論理的思考、問題解決能力がないと難しい。 結果よりも過程が大事。 そしてトレンドのこの並び。 ゲームが好きな事がきっかけでプログラマーになったけど、これを見るとやっぱり日本には難しいと改め思う。 pic.twitter.com/bm9k68YR7Q

1 2 3