1. まとめトップ

みんなが『過去の印象的な出来事』を振り返ったTwitter報告が面白い

Twitterには様々な呟きが溢れていますが、「過去にこんな出来事がありました…」にまつわる話の中から印象的かつ一読の価値がある投稿を紹介します。

更新日: 2020年01月13日

26 お気に入り 101428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが呟いた「過去を振り返った話」の中から、印象的かつ面白い投稿をまとめました。

justastarterさん

◆『ヤクザ』にまつわる話

肝の冷えた話ね… すすきので飲みながらヤクザに絡まれた話してたら「失礼ですが素人に手を出すのはチンピラで、ヤクザじゃあないです。一緒にされるのも無理はないですが、覚えておいて頂くと嬉しいです。では」と本物に声掛けられた時は芯から冷えたねぇ…

その道のプロフェッショナルが一言置いていく"FF外から失礼します"感覚なんだろうけども 友達としばらくテーブルに突っ伏してたの覚えてる

@toshibou 刑務所から出た人達の就業支援のボランティアをしてる元組長さんに同じ事を言われた事あるわ

@toshibou 歌舞伎町で働いているので本物もチンピラも相手しますが、本物ほどこちらの事を考えてくれますね。半グレが一番メンドクサイです(笑)

@toshibou 私は仕事で事務所へ行ったことがあり、入り口が分からなくて迷っていたら下っぱの方に「ウロチョロすんじゃねー!」と怒鳴られたんですが、すかさず上の方が「言い方考えろ!」と注意した後「怒鳴って悪かったね。入り口分かりづらいでしょ?こっちだよ」って優しく案内して頂きました。

@toshibou 私の母も言っていましたが、本物の方は礼儀正しく金遣いも上品(?)らしいです。店での部下の方の粗相も謝罪に来たとか…。やはりどの業界でもプロは違うんだと思います。FF外から失礼しました。

◆『イラン人』にまつわる話

30年近い前の話だけど、イラン人が大量に日本に出稼ぎに来てた時代があったんだよね。ある日、日暮里の駅のロータリーで「仕事を見つけたい。日本語わからない。コレ読んでくれ」と新聞を片手に日本に来たばかりだというイラン人に英語で話しかけられたことがあった。

仕事…を見つけるのは新聞では難しいかもなぁ、と思い、今日の宿はあるの?と聞けば「仕事がないから宿もない」という。それなら今日はウチに泊まっていったらいい、と実家に帰って、一緒にメシ食って、日本の狭い風呂に入ってもらって、畳の上に布団を敷いて、その日は寝たんだったかな。

翌日の朝、自分の部屋から出てイラン人を寝かした茶の間に行くと、今はもう死んじゃった祖母とイラン人が掘りゴタツでお茶を飲んでいて、あ、やべえ説明もしてなかった、と慌てる俺に祖母は「誰だか知らないけどこの人はエライよ!アタシ起きてきたら自分で布団畳もうとしてたんだよ?まったくエライ」

意気投合した様子で言葉もわからんだろうにニコニコお茶飲んでて。今となっては祖母のいい思い出でもあるんだけど。なんだかんだで3日ほどウチに滞在して、近所の町工場で雇ってもらえることになって、なんだかんだで友達になったのね。

しばらくするとイラン人同士のコミュニティでもあるのか近所の町工場にイラン人が集まってくるようにもなって、イラン人が済まされてるタコ部屋でのホームパーティに招いてくれることもあって。彼らが言うには昔はイランに日本人がいっぱい出稼ぎに来てたんだよ、就労ビザもいらなかったんだよ、と。

日本とイランは昔から交流があるんだ、昔イランが多くの日本人を助けた、今は日本がイラン人を助ける、と笑うのだ。 酒も飲む。ムスリムなのに?と聞けば、ここはニッポン、遠い、神さま見えないね、と笑う。ホントに気のいい連中で、ナッツや豆類をよく食べた。千切ったキャベツをサラダと言い張った

イランの国技はサッカーだ。サッカーは好きか?と聞かれた。俺の生まれ育った墨田区は野球文化の根強い地域でサッカーの話を熱っぽく語ったのはこの頃が初めてだったかもしれない。 テヘランには。彼がいう。 「素晴らしいスタジアムがある。この世の興奮のすべてがそこにある。いつか一緒に行こう」

その約束は果たされないまま、30年ほどが過ぎる。鉛筆で書いてくれた彼の実家の住所のメモ書きもすでに紛失した。 でもいつかテヘランに行くんだ。スタジアムに行く。サッカーを見る。約束したんだ。だから困るんだ。困るんだよ。サッカーは戦争であり、平和あっての戦争で、ホントに戦争は困るんだよ

@kick_master 素敵なお話ですね!中学生の頃、イラン人の用務員さんが学校に居ました。ある日、露出狂のおじさんが敷地内で走り回る事件が。女子校でしたので若い男性教員も居らず、私達はパニック!しかし用務員さんが竹ボウキを持って追いかけ戦い、見事に確保。警察へ引き渡してくれました。拍手喝采の思い出。

@kick_master ばーちゃんと掘りごたつに入ったイラン人、きっと素敵な光景だっただろうなぁ。 素敵なお話しをありがとうございました。 何となく読読み始めて、最後のツイで涙吹き出しましたー( ´^`° )

◆『以前付き合ってた人』にまつわる話 その①

昔、5年付き合った人と別れた日の話。夜通し話し合い、最後に朝食でもと喫茶店に入った。メニューを見ながら、お互い言わなくてもどれ選ぶかわかるのに何で別れるんだろうね、私が言うと彼が泣いた。 一度交わりすれ違い、気づけば随分離れていた。お互い道が違う。それだけのこと。でも悲しかった。

@toyamahumi まだ好きだという感情があったのに。ですか( ;ᵕ; )

@melon_7211 長いこと一緒にいると好きの気持ちの他にも情も生まれるし正直どちらかわからなくなります。 ただこれからも一緒にいるには距離的に無理があったのと、一緒にいるのが当たり前になり過ぎてお互いを思い合えているのかもわからなくなったのです。

@toyamahumi 同じ状況なのでとても気になります。距離的に一緒に住めない、でもとても大切な人と別れるか2人で悩んでいます。なぜ別れると言う決断が出来たのですか?

@____paNda06 簡単に言えば、結婚したい私と消極的な相手と温度差があったからです。私自身が仕事を辞めてまで相手に合わせるかどうかを秤にかけ始めていることにも気づいてしまいました。さらにお互い近くなり慣れすぎたんだとも思います。 多分一度別れても縁があればくっつくはずで…結局縁がなかったのです。

◆『以前付き合ってた人』にまつわる話 その②

昔付き合ってた彼氏のワンルームの家に遊びに行った時、風呂場の前のキッチンでご飯作りを頑張ってた所、テレビ見てた彼が寒かったのかリビングのドアを当たり前に閉めたんだよね(私は当然寒いキッチンに一人ぼっち)。この瞬間別れを決めたし、別れないでと泣く彼を残して走り去りました

1 2 3