1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『さんかく窓の外側は夜』だけじゃない!「ヤマシタトモコ」のおすすめマンガ

『さんかく窓の外側は夜』が実写映画化される漫画家「ヤマシタトモコ」のおすすめ7作品。『くいもの処明楽』、『HER』、『ドントクライ、ガール』、『BUTTER!!!』、『ひばりの朝』、『違国日記』。

更新日: 2020年01月21日

12 お気に入り 15029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『くいもの処明楽』

『くいもの処 明楽』の店長・明楽高志のそこそこ順調な人生は、年下の生意気なバイト店員・鳥原泰行からの突然のマジ告白と「危機感ヨロシク」発言によって一変。年上としての意地も、男としてのプライドも通用しない鳥原に平穏な日々を乱され、ビビる明楽だが!?

くいもの処明楽は脇キャラもさいこーに生きててほんと最高ー!牧さんとかめっちゃ好き でも一番好きなのは明楽さん!ああいうポジティブの塊みたいであっけらかんとした人に強い憧れがある

「くいもの処明楽」って20刷までいってるんだ…すごい…!私もヤマシタトモコさんの作品では一番好きだな(*^_^*)

◆『HER』

女はみなかわいげな獣。女たらしの男性客に不穏な妄想を抱く美容師、白髪のレズビアンのキスシーンを見てしまった高校生処女、母の秘密を心に秘めて“一夜限り”を繰り返す地味女…ほか、オンナたちの本音を描く可憐で獰猛な全6篇の連作オムニバス。

「HER」ヤマシタトモコ著 読了。あられもない女の子達の心根が具に無駄なく描かれ、最後の「そんな女に惹かれる男の心情」もリアル。湿った空気を一瞬で切り返す幕終りも秀逸。天才だね。あと、男性の「漫画に求めるフィクション性」と女性のそれとではこうも違うものかと、改めて(笑)。

「HER」ヤマシタトモコ(祥伝社)読了。久々に震えました!共感するのはモテない女子、話が好きなのは白髪写真家の話と地味女の話。娘の全ての幸福も災厄も母親に由来する。は名言。

◆『ドントクライ、ガール』

親の不手際で知人宅に居候することになった悲劇の少女・たえ子。そしてピンポン鳴らすと真っ裸でドアを開けた裸族の男・升田。清純な女子高生相手に、裸でお出迎え…?まさに衝撃の初対面。泣いていても始まらない、爆笑青春ストーリー♪

『ドントクライ、ガールv』読了。  笑いすぎて夕飯吐くかと思った!  なんだこれー 面白すぎて大変だ!  ははは私も升田さんみたいHENTAI大好きだ(笑)

『ドントクライ、ガール』(ヤマシタトモコ・リブレ出版)読了。『このマンガがすごい!2010 オンナ編』第2位の作品ですが、個人的には同氏の『HER』よりこちらの方が面白かった。もちろん異論は受け付けます。

◆『BUTTER!!!』

うっかり社交ダンス部に入った元気女子・夏。初めて味わう楽しさと興奮に夢中になっていく!そんな彼女と踊るのは、ある事情でイヤイヤ入部したネクラ男子・端場。ダンスをバカにする端場に、夏は真っ向から反発!“ふたり”から始まる社交ダンス部青春活劇。

ヤマシタトモコ『BUTTER!!!』⑥読了。高校青春ダンス部活劇。端場くんがスゴい成長しててカッコいいなぁ…!頑張ってる人を、無様だと笑う人にはなりたくない、と思わせるエピソードです。もう終わりかと思うと寂しい(ノд<)。

ヤマシタトモコ最新刊「サタニック・スイート」「BUTTER!!!」読了。元気とヤル気貰った!!いつも絶望と希望を紙一重のところでどちらも描いていて、私の自身を振り返らざるをえなくなる。悔しい位に輝いてる!!女の子やったる!!と思わされる(笑)

◆『ひばりの朝』

手島日波里(てしまひばり)、14歳。同い年の子どもより、肉感的な身体つき。彼女を知れば、男はたいがい性的な感情を抱き、女はたいがい悪意の弾をこめる。彼女にまつわる心理展覧図はどこまでも繁(しげ)るが、真実の正体は誰が知るのか──。

『ひばりの朝』読了。がっつくように読了。10代のうちに読んでおきたかった。“自分の真実”が“他人の虚構”に打ち負かされ、絶望したことのある人(おそらく人類のほとんど)の心に突き刺さり抉り取るような漫画だった。 pic.twitter.com/fgnrSGL2oS

ヤマシタトモコ「ひばりの朝」読了なう。この人、ひとの汚くて醜い部分を描くのが本当に上手い。その人物造形の的確さゆえに、読者を読者という安全圏に逃げ込ませない力がある。「HER」を超える怪作、ってい帯のコピーを裏切らない出来でゾッとした。ひばり自信の思惑が見えないのが怖い。

◆『さんかく窓の外側は夜』

書店員の三角は、昔から不気味なモノを視てしまう体質で、除霊師の冷川にその才能を見い出され、無理やりコンビを組まされてしまう。そんな中、ある殺人事件に遭遇し…。日常に潜む恐ろしくかつ不思議な現象を見つけてはズバリ解決、凸凹コンビの霊感エンタメ!

ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』7巻、読了。 ヤマシタトモコさんも、同じメッセージを繰り返し描く作家さんよね。おもしろいうえに、どの形で何度読んでもそのメッセージの重要性はなくなることがなくて、とても好きです。 とてもすきなシリーズ。続き待ち遠しい〜! amzn.to/2VF7kSz

1 2