1. まとめトップ
  2. 雑学

次世代世界戦略車としての期待も詰め込まれたトヨタのSUV・C-HR

世界100か国で展開されるコンパクトクロスオーバーSUVである、C-HRはトヨタの誇りトヨタ自動車が胸を張って製造・販売するコンパクトSUV・C-HRはトヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店という全てのディーラーで扱われ、次世代世界戦略車の期待も背負っている。

更新日: 2020年01月13日

1 お気に入り 1585 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」を徹底的に突き詰めてサーキットレースで試作車を走らせて、その上従来のトヨタ車にない斬新なスタイリングを生かしたので、SUV史上で初めて車名別販売台数1位を記録した。

cobbyjpさん

RAV4、プリウス、86の3つの長所を融合したかのように、堂々と誕生した

こんなに優れたC-HRは、同じくトヨタで開発したクロスオーバーSUVのRAV4、ハイブリッド車のプリウス、スポーツカーの86(ハチロク)にあった長所を受け継いで堂々と誕生した。

TOYOTA C-HR リフトアップ仕様 カスタムポイント ・TRDバンパーガーニッシュ ・マフラー取り付け ・リフトアップ ・社外ホイール ・ヘッドライト・テール塗装 ・デイライト、フロントブッシュバー取付け ・オーバーフェンダー装着 ブッシュバーを取り付けたのと、オバフェン化した所がポイントです笑 pic.twitter.com/vGU2D0VYod

この車のエアロはNOBLESSE(ノブレッセ)が装着されています。

エクステリアデザインはどの角度から見ても迫力が出るように、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発され、スピード感あるキャビン形状を目指したおかげで、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現した。なおプラットフォームはトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの方針に則ったGA-Cプラットフォームが構えられている。

エンジンは主にターボとハイブリッドの2通りがあり、強い最高出力を発揮する

肝心のエンジンは直列4気筒 直噴DOHCターボ及び、直列4気筒DOHCとモーターを融合したハイブリッドの2通りがある。どちらも互角の最高出力と最大トルクを発揮できるので甲乙つけがたいが、これらにはトヨタの魂が込められていることを忘れてはならない。

C-HR、大きな不満はないけど、小さな不満はあるw 例えば、オートハイビーム。 レクサスNXで普通に使えていたのに、C-HRだと何回も対向車にパッシングされる それくらい、ローに切り替わるのが遅い。この辺の精度が増してくると、もっと素晴らしいクルマになるはず pic.twitter.com/jiwY8S716B

世界約50ヶ国で販売されているC-HRはToyota Motor Manufacturing Turkey(TMMT)のサカリヤ工場とトヨタ自動車東日本(TMEJ)の岩手工場で生産されています。 pic.twitter.com/IBKRzKasAw

C-HR HV S"GR SPORT" 納車…ではなく見させて頂きました 欲しくなっちゃいますね… でも今乗ってるC-HRがお気に入りなので乗り換えはないですなー。 pic.twitter.com/fKZkgeeXKr

売り上げはどんどん伸びていき、とうとう2017年上半期SUV新車販売台数第1位を獲得した

2016年に販売を開始したC-HRは、日本国内や世界でもどんどん展開していき、販売台数は79,303台を記録してついに2017年上半期SUV新車販売台数第1位を獲得することとなった。そして2018年には販売台数が117,299台を記録したので、まさに好調な走りを見せつけた。

c-hr(chr)がマイナーチェンジされて2020モデルになりました。内装、外装の変化や他のトヨタ車との質感を比較してみました。ディスプレイオーディオやパノラミックビューモニターにも注目です!チャンネル登録はこちらから

やはりここまでたどり着いたのは、世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなどが行われて、同じ価格のSUVでも運動性能にこだわって開発されたことが当てはまる。

1