1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

空港も閉鎖…フィリピン・タール火山の噴火がヤバすぎる

写真の「この世の終わり感」がすごい…

更新日: 2020年01月13日

4 お気に入り 21386 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■フィリピンのタール火山で爆発的な噴火が発生

フィリピンの首都マニラ南方にある「タール火山」で12日、爆発的な噴火が発生して巨大な噴煙が立ち上った。

■タール火山とは

首都マニラ近郊にある火山

カルデラ湖であるタール湖の中央に標高300mの火山島(中央火口丘)があり、外輪山には避暑地として人気のタガイタイがある。

これまでに何度も大規模な噴火が発生

歴史に残る最も古い火山活動は16世紀にさかのぼり、1911年1月の大爆発では1300人以上と700頭以上の家畜が爆風に飲まれて死亡。

その後、1965年~1977年にかけてたびたび歴史的爆発を起こし、数多くが犠牲になっている。

■43年ぶりの噴火

大規模な水蒸気爆発か

フィリピンの火山地震研究所によると、12日は噴火が起こる前から火山性地震が断続的に続き、現地時間午前11時ごろに噴火。

噴煙の高さは最大1万5000mに達し、マニラ市内でも火山灰のほか、火山灰等の噴出物の摩擦で発生した火山雷も観測。

Inside the Taal Volcano Main Crater taken on January 12, 2020. The eruption was captured by PHIVOLCS IP camera at 5-minute interval from 1 PM to 3 PM. #HandaAngMayAlam #TaalVolcano #TaalEruption2020 pic.twitter.com/kA2HZ4aYQs

うぉぉー、ちょっとこれは LOOK: Taal Volcano spewing a giant ash column after the phreatic explosion recorded at 1:00 p.m. Video courtesy: Danny Ocampo pic.twitter.com/NEKwmPLLWi

Ash from #TaalVolcano turns the surrounding area into grey, the roads covered in mud after the rains yesterday. Residents trying to flee are forced to walk with the volcano still at alert level 4, meaning a major eruption is imminent. | via @raffytima pic.twitter.com/zNLHnYv2rh

■噴火による影響も広がっている

マニラ空港では航空機の欠航相次ぐ

周辺地域には火山灰が降り積もり、マニラや近郊の学校は休校となったほか、多くの住民は外出を避けて室内で待機。

マニラ国際空港を発着するすべての航空機は運航を停止し、付近を通過する国際線の飛行機も経路の変更を余儀なくされている。

■今後の見通し

数日以内に「さらに危険な爆発的噴火」が発生する可能性も…

1 2