1. まとめトップ

うつは心の風邪!こじらせないhow-to

最近気持ちが晴れない、何をやっても楽しくない…そんな人にぜひ読んでほしいまとめです。

更新日: 2020年01月14日

2 お気に入り 1279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実は、わたしもうつ病です

cnm_plentyさん

うつは心の風邪!?

自分で感じる症状
憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安、イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない、自信が無い、人に迷惑をかけている

周囲から見てわかる症状
表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える

体に出る症状
食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く

日本はうつ病になっている人が多い

厚生労働省によると日本では100人に6~7人という割合でうつ病を生涯に一度は経験するという調査結果が出ており、現在では誰でも罹患する可能性がある「心の風邪」と例えられ、昔に比べより身近な病気になりました。

Twitterでも…

うつは誰でもかかる可能性があるという点では「心の風邪」と称されることもあるけど、かかってしまうと「まるで物理的に」できなくなることがあるという点では「心の骨折」と言っていいかもしれないね。足の骨を追った人が走って階段を登れるかい?そんな感覚なんだよ。

うつヌケっていう本に、うつは心のガンだっていう言葉があるらしい その本を読まずにその言葉を思い付いた自分って凄くない?って思った

慢性的な抑うつも我慢して放っておいたら大うつ病になって見るからに重症な人になるのだ…

誰でもなり得るうつ病!対策は?

小さなことでもいいんです。焦らずゆっくり、しゃべりやすい人に。

自分の気持ちに蓋をしてしまうと、さらにうつ症状が悪化する恐れがあります。
素直に思いを打ち明けることができる家族や友人・恋人などに打ち明けることで、うつ症状の軽減、改善につながるでしょう。

相手が寄り添ってくれるだけでも、つらい気持ちが軽くなりますよね。
親身になってくれる相手に一人で抱え込まずに相談してみるのが、うつから抜け出す第一歩です。

言葉に書き示すことで、自分の状態を客観的に見られたり気持ちの整理ができたりします。
頭の中でずっと考えているよりも、すっきりとした気持ちになるはずです。

適度に体を動かすことも気分転換にぴったりです。
木々など自然の緑に触れて癒され、セラピー効果を得られることもあります。

また太陽の光には、幸せホルモンを作り出す効果も!
晴れた日は外に出て体を動かしてみると、気分がすっきりするかもしれません。

医療的・心理的なポイントで的確なアドバイスを受けることができます。
医者や看護師はうつ症状に理解があるので、相談しやすいことが魅力のひとつでしょう。

気になることがあれば、やってみて

1