1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

メーガン妃がMEGXITに成功!ヘンリー王子夫妻の王室離脱に様々な声

エリザベス女王がヘンリー王子夫妻の王室離脱を容認した。メーガン妃はすでにカナダに移住。英国ではメーガン妃とブレグジットをもじったMEGXIT(メグジット)と呼ばれている。マダム・タッソーでも夫妻の蝋人形が離脱している。

更新日: 2020年01月14日

7 お気に入り 41784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

ヘンリー夫妻が王室離脱を表明した!

英王室のヘンリー王子とメーガン妃が、公式WEBサイトとインスタグラムで「王室からの引退」を表明した。

米国出身の妻メーガン妃や長男と共に、英国と北米でバランスを取って暮らしたいとしている。

夫妻の公的支出の5%は英国政府からの資金で賄われているが、夫妻は今後この公的資金を受け取らないことで「経済的に自立」するとしている。

ヘンリー夫妻の王室離脱は『MEGXIT』と言われている

英国では、イラン危機やブレグジットよりも大きく報じられ、メーガン妃とブレグジットをもじった「メグジット」などと呼ばれ大騒ぎになっている。

英国の新聞では見出しに『MEGXIT』の表現している。Sussexit(サセックス公爵夫妻の王室離脱)という表現もある。

蝋人形は一足先にMEGXIT完了していた

ヘンリー夫妻が英国離脱を表明したのは8日。ロンドンのマダム・タッソー(蝋人形の館)では、ロイヤルファミリーのコーナーがある。1月9日にはヘンリー夫妻が撤去が完了している。

そこには当初、中央にエリザベス2世女王とフィリップ陛下、向かって右にウィリアム王子とキャサリン妃、そして左にヘンリー王子とメーガン妃の蝋人形があった。

それまで展示していたヘンリー王子・メーガン妃夫妻の蝋人形を「ロイヤル・セクション」から早々に“撤去”したことが明らかになった。

1月13日にエリザベス女王が王室離脱を容認した

エリザベス女王は13日、イギリス中部にある女王の別荘でヘンリー王子も出席する緊急の“家族会議”を招集しました。

エリザベス女王は声明を発表し、夫妻には王室の主要メンバーとしての役割を果たしてもらいたかったとしながらも、新たな生活を築きたいという夫妻の希望を全面的に支持する考えを示しました。

エリザベス女王は、夫妻の将来についての計画が固まるまでの間、夫妻に英国とカナダを行き来する「移行期間」を認めると発表した。

声明の中で女王は「複雑な問題で解決すべきことが残っている」としていて、今後、王子夫妻の財産や呼称の問題などについて話し合いが続けられるとみられる。

『Megxit』に様々な声

#Megxit#Brexit みたいでうまいこというな。ハリー王子&ミーガン妃の問題はミーガンが元凶で、いずれ2人は離婚してミーガンのみ王室を去ることを国民全体で願ってるかのよなタグだ。

MEGXITって、英国タブロイド紙Sun、さすがのネーミング。うまいっ!でも、ハリー王子は戻ってきそうな言葉の印象。個人的には、カナダでうまくいくのは北米出身の彼女だけのような。 #Megxit #Brexit

ウォリス・シンプソンと言いメーガンと言い、イギリス人は「だからアメリカ女は強欲で自己主張が強い」ぐらいに思ってんな。 #メーガン妃 #Megxit #Meghxit

あのですね、ロイヤル報道はこっちでももちろんやってるんですが、日本で同じことが起こったら朝から晩までこのニュースでしょうが、そういう感じではまったくないです。ニュースの1個ってぐらいで、次のニュースにいっちゃいます。そんな空気感です。 #Megxit  #メギジット

騒動のきっかけメーガン妃に様々な声

斜に構えた深読みしいなので、エリザベス女王のヘンリー王子とメーガン妃への「理解」は「破門」や「除名」に思えてしまう豆腐メンタル。

正直メーガンさんここまでとは思わなかったな… 王室の立場を完全にセレブと履き違えてる時点で、多分1番王室に入っちゃいけない部類の人 こんなんに王室乗っ取られたらたまらんわな エリザベス女王亡くなったらイギリス王室崩壊しそう

エリザベス女王がメーガン姫のためにサプライズでバースデーケーキを準備していたのにメーガン姫は連絡もせず行事に行かなかったとかいうエピソード、エリザベス女王が普通に可哀想。 いやしかし女王相手に凄い勇気あるな。

1 2