1. まとめトップ

海外のプラごみ対策情報!欧州マクドナルドの動き&シンガポールでプラスチックを太陽光で分解の技術発表!

欧州のマクドナルドではプラスチックの容器をやめる動きなどがあるようです。プラごみ対策の動きが広がっています。

更新日: 2020年01月16日

1 お気に入り 81 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をまとめています。

oldtataさん

■マクドナルドが英国とアイルランドでプラスチックのストローを廃止

プラごみ対策はやはり欧州が早い。マクドナルドが英国とアイルランドでプラスチックのストローを廃止。9月から紙のストローに切り替えるという McDonald's to ditch plastic straws - BBC News bbc.com/news/uk-444923…

マクドナルドはその他、同社にとって欧州の主要市場であるフランスで、飲料用のプラスチック製のふたを繊維製品に置き換え、さらに年間約1100トンのプラスチック使用を削減するとしている

■イギリスではマクドナルドのプラスチックおもちゃ廃止署名集まる

プラごみ問題、「ハッピーセット」に矛先 プラスチックが環境に及ぼす影響への懸念が、不要品あるいは使用期間が限定的とみられる製品にまで広がっている #マクドナルド #プラスチック #廃プラ on.wsj.com/2NEvA8D

【プラごみ問題、「ハッピーセット」に矛先】 マクドナルドのハッピーセットについてくるプラスチック製おもちゃの廃止を訴える運動で32万5000人の署名が集まり、環境相も運動を後押ししている ■緊急警告予言コード101「マックに不運凶事」。 緊急警告予言がズバリ的中 #天瀬ひみか pic.twitter.com/wmCA4fEkWv

■2025年全世界で2025年までにすべての容器を再生可能資源製に置き換え目標へ

マクドナルドのキース・ケニー(Keith Kenny)グローバルバイスプレジデント(持続可能性担当)はAFPに対し、「2025年までにすべての容器を再生可能資源製に置き換えること、また、2025年までに全世界3万7000店舗のすべてでリサイクルを実現することを目標としている」と語った

▼シンガポールの大学は人工太陽灯を用いてプラスチックを有用な化学物質に変える手法を発表

【#プラスチック を太陽光で分解!?】 #シンガポール の研究チームがプラスチックを太陽光で分解することに成功しましたそこから分解された物質は、発電にも利用できるそうです #SBLIFE #sustainable_marketing #脱プラ jiji.com/sp/article?k=2…

・できる化学物質は「ギ酸」という物質、エネルギー生産に役立つとのこと

シンガポールの研究チームは今回、安価で環境を損なわない触媒を用いてプラスチックを「ギ酸」に変換することに成功したと発表した。生成されたギ酸は発電所での発電に利用できるという

■人口太陽で実験中だが将来的には本物の太陽の元で分解されることができることを目指している

シンガポール・南洋理工大学(NTU)のチームは研究室での実験で、プラスチックと触媒となる化合物を混合して溶液を作り、この溶液に太陽灯の光を照射して分解反応を生じさせることができた。実験では、プラスチックは6日間で分解された。

■今までのプラスチック再利用のように化石燃料を用いないので温室効果ガスが出ない!

2年間に及ぶ研究プロジェクトを率いたNTUのスー・ハンセン(Soo Han Sen)氏は、「今回の研究は、海洋汚染を引き起こしているプラスチックを、有用な化学物質に変えることを可能にしている」と述べる

1