1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東京に新クラブ創設…本田圭佑の「衝撃発表」に多くの反応

びっくり…個人的には面白い取り組みだと思います。

更新日: 2020年01月15日

4 お気に入り 8013 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■本田圭佑が東京にサッカークラブを設立すると発表!

元日本代表MF本田圭佑は14日、自身のTwitterを更新し、東京都内に新たにサッカークラブを立ち上げることを発表した。

■OA枠での東京五輪出場を目指している本田

昨季限りでメルボルン・ビクトリーを退団した後、無所属が続いていたが、昨年11月にオランダ1部のフィテッセに加入。

しかし、恩師だったスルツキー監督の辞任により出番が減ると、12月中旬にフィテッセを退団し、再び無所属となっている。

■近年は「実業家」としても活動

2016年にスタートアップ企業への支援を始め、これまでに50社以上に投資するなど、国内を代表する「エンジェル投資家」に。

また、オーストリアのSVホルン(撤退)やカンボジアのソルティーロ・アンコールFCなど、複数のプロクラブの経営に参画している。

■詳細

クラブ名は「One Tokyo」

クラブ名は「One Tokyo」で、所属は東京都社会人サッカーリーグ4部、登録エリアは東京都中央区。

本田はオーナーを務め、運営責任者は「2週間前にtwitterで出会った大学生」とSNS上で紹介されている奥山大氏。

目指すのは「全員参加型クラブ経営」

公式サイト上には『全員参加型クラブ経営』、『東京から世界へ』、『世界一を目指す』という3つのコンセプトが掲げられている。

監督や選手のスカウトと獲得、グッズ作成や販売、ファンサービスやスポンサー営業などを自由に発案して選挙で決めるという。

■本田「いわゆる”リアルサカつく”を皆んなとやりたい」

本田は「東京から世界に影響を与えられるサッカークラブを創りたい」、「そのサッカークラブを皆んなと一緒に作りたい」。

「いわゆる『リアルサカつく』を皆んなとやりたいと思っています」とサッカークラブ創設の理由を説明。

そのうえで「(SVホルンなど)の失敗から学んだことを0から新しくクラブを立ち上げることで、想いが1つに繋がるサッカークラブ経営を実現することがミッションです」。

「是非、あなたの理想なクラブを、あなたが1から創り上げていってください!」と語っている。

■このニュースには多くの反応が

何やら本田がまた面白そうな事やり始めたじゃないですか。 「リアルサカつく」……現実はゲームじゃないからトントン拍子には行かないだろうけど、どこまで突き進めるのか注目してみようかな。 #onetokyo pic.twitter.com/dLWDwxcfLZ

リアルサカつくといえば、藤枝MYFCもネット投票で運営していたと思ったけど、もうやめちゃったんだっけ。本田さんには批判を気にせずやりたい放題やって欲しいけど、一つだけ言うとすれば、本拠地も東京じゃなしに投票とか話し合いで決められたら良かった。

1 2