1. まとめトップ

週間Steam通信#170(2020年1月11日~1月17日)

アヴァベルオンライン-絆の塔-、シロナガス島への帰還、Orangeblood(オレンジブラッド)、三國志14、Wizardry 囚われし魂の迷宮、The Surge 2、アライアンス・アライブ HDリマスター

更新日: 2020年01月17日

1 お気に入り 2119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・「アヴァベルオンライン-絆の塔-」国内初BlueStacks Insideを使用

2013年7月にスマホ版のサービスが始まったMMORPGで,美しいグラフィックスでのアクションバトルが楽しめる。Steam版は,スマホ版と同じアカウントを使用することが可能で,外ではスマホ版,家ではPC版といった遊び方が可能になる。

本配信では、スマートフォン向けゲームをPCプラットフォームに展開できるSDK「BlueStacks Inside」を使用している。「BlueStacks Inside」を活用することにより、PC向けの開発を一から行うことなく、Androidベースのゲームを効率的にPC展開することが可能。

・ミステリーADV「シロナガス島への帰還」2月26日発売

同人サークル「旅の道」によるミステリーアドベンチャーゲーム『シロナガス島への帰還』がSteamで2月26日から発売することが決定した。本作は第二回講談社BOX新人賞「Stones」を受賞経験のある島根県出身作家、鬼虫兵庫が開発した作品であり、シナリオやイラストなどほぼ1人で手掛けている。

▼今週配信された主なゲーム

12日:Re Painter

描いたイラストを使って神絵師を倒す短編アクションゲーム。フリーハンドでの描画には、マウスやデジタルペンなどにも対応。価格は498円、1月19日までの期間は10%オフの448円で購入できる。ゲームエンジンには、Unityが採用されている。

14日:Orangeblood(オレンジブラッド)

本作は、作りこまれた独特の世界観が目を引く作品となっているが、テンポの良い爽快なターンベースのバトルと、ベストな装備を追求するハクスラ要素、そして映画的な作りで展開される圧巻のストーリーによって、唯一無二の作品となっている。

14日:正式ローンチ「Darwin Project」

本作は雪山を舞台に10人のプレイヤーが対戦するバトルロイヤル。斧と弓をメインの武器とする原始的な戦闘のほか、ゲーム全体を見渡して干渉することができる「ショーディレクター」役のプレイヤーが存在することが特徴です。

14日:「黄昏」シリーズ3作

錬金術で栄華をきわめた文明が衰退し、滅びを迎えつつある黄昏の大地を舞台に、薬士の少女アーシャが行方不明になった妹のニオを取り戻すために、錬金術と光る花の秘密を知る旅に出る物語。

古い錬金術を扱うエスカと最新の錬金術を学んだロジーが出会い、協力して開発班をもり立てながら「黄昏」の謎に触れていく。エスカとロジー、どちらを主人公にするか選択でき、視点の異なる物語を楽しむことができる。

使命を背負う少女・シャリステラと野望を胸に秘める少女・シャルロッテ。2人のシャリーが出会い、願いを追う内に「黄昏」の秘密へ迫ることになる。シャリステラとシャルロッテ、2人から主人公を選択することが可能

16日:三國志14

同作は長年続く『三國志』シリーズの新作ナンバリングタイトル。今作では、『三國志 IX』『三國志 11』の流れを汲む1枚マップで表現された中国大陸を舞台に、シリーズ最多1000人以上もの登場武将がプレイヤーら君主の治める様々な勢力の元に歴史を紡いでいきます。兵站の要素や、部下を組織に加えることで作成していく「施政」などの要素も登場。

1 2