1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

嵐×米津玄師『カイト』…「みんなのうた」2・3月放送曲決定にファン歓喜

嵐×米津玄師によるコラボレーション楽曲『カイト』が、NHKの音楽番組「みんなのうた」の2020年2・3月の放送局に決定しました。

更新日: 2020年01月15日

8 お気に入り 4738 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

嵐と米津玄師がコラボ、NHK2020ソング「カイト」

「カイト」は、シンガーソングライターの米津玄師が作詞・作曲を務め、2020年12月31日をもって活動休止を発表しているポップグループの嵐が歌唱を担当する、壮大な曲

2020年とその先の未来に向けてアスリートや若い世代を応援する楽曲「NHK2020ソング」として制作された。

嵐と米津の6人による対話を経て、レコーディングは米津のディレクションで行われた。

「東京2020オリンピック・パラリンピックをきっかけに全国各地で見られるであろう、感動のシーン、挑戦のシーンとともにこの楽曲が紹介されることで、視聴者の皆さんの心が明るくなり、世界がよりよい方向に進んでほしい」との想いを込めたという。

『第70回NHK紅白歌合戦』で、嵐が同曲を初披露

「カイト」の完成に向けた制作風景と共に、嵐と米津玄師が出会って生まれた「カイト」をめぐるスペシャル対談をVTRで紹介

「僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、その一幕に関われることをとても光栄に感じています。カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました」とのコメントを発表

そんな「カイト」が、NHK『みんなのうた』

番組では、国立競技場で収録し、『第70回NHK紅白歌合戦』で初披露されたスペシャルムービーをオンエアする。

米津玄師は、昨年「パプリカ」が「みんなのうた」に登場

米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika

2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、2018年7月に発表。

Foorinに書き下ろしたシングル「パプリカ」をセルフカバーし、NHK『みんなのうた』8-9月のうたとして放送

嵐は、2013年に「ふるさと」が「みんなのうた」に登場

みんなのうたで嵐「ふるさと」聴いた。 朝から涙腺緩む~ いい歌詞、いい曲、いい声。 pic.twitter.com/AVvwiuaQxN

そんな両者のコラボ曲の「みんなのうた」登場に

1 2