1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「恩返しがしたい」ちはやふる基金設立に感動の声があがっている!

日本を代表する漫画の一つ「ちはやふる」。その原作者:末次由紀先生が基金を設立したことが話題に!その理由は…そして込められた思いとは?真実を知ったらきっと応援したくなるはず。一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました。

更新日: 2020年01月15日

5 お気に入り 11551 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あなたは知っていますか…人気漫画の裏にあったかるた業界の苦悩。世界を変える試みが始まりました。

critical_phyさん

▶実写版、アニメ版も大ヒット…「ちはやふる」の快進撃が止まらない!

競技かるたに打ち込む主人公・綾瀬千早の成長を描いた作品。2011年、2012年にテレビアニメ化し、2019年10月より第3期である「ちはやふる3」が放送中。また、広瀬すずさん主演の実写映画版も制作されました。

2009年の『マンガ大賞2009』大賞、『このマンガがすごい!2010オンナ編』第1位、2011年第35回講談社漫画賞少女部門などを受賞。

少年漫画に通ずる「熱さ」を有する作風から「熱血スポーツ漫画」と評されるが、同時に恋愛や友情、離別や再会といった青春ストーリーも描かれている。

ちはやふるは青春少女アニメじゃないだろ!ガチガチのスポ根アニメだ!! 朝からちはやふるを観て熱くなっている。おはよ。

ちはやふる、ずっと危険な香りがして読んでなかったんやけどこれはあかん……全巻買いや……

何かに夢中になること。夢を追いかけること。その中で自分よりも凄い人がいるかもしれない。勝てないかもしれない。でもそのためにした努力は、決して無駄にはならない。あなたの人生を豊かにする。愛おしいものにする ちはやふる #ちはやふる #漫画 #名言 pic.twitter.com/s6LOSOBFS7

▶素敵すぎる…原作者:末次由紀先生がちはやふる基金設立!早くも大反響を巻き起こしています。

「ちはやふる」の作者である末次由紀さんが、競技かるたへの恩返しとして、「一般社団法人 ちはやふる基金」を立ち上げました。まずは2020年2月23日(日)開催の「ちはやふる小倉山杯」で、優勝選手に賞金100万円が贈られることになっています。

個人サポーターおよび企業スポンサーからの寄付金、「ちはやふる」関連グッズ販売の収益金をもとに、競技かるたの情報発信や各種大会の運営支援、小倉百人一首のさらなる普及振興を応援する。

ファンからは「素晴らしい流れを目の当たりにしている。1ファンとしても何か出来るなら嬉しい」「大好きな作品の作者を直接応援できる機会に恵まれ、にわかに感動しています」と作品を通じて文化貢献できることに喜びの声が上がっています。

わ、わたし…漫画「ちはやふる」で若者たちを見守る大人の登場人物皆さんの場面に、毎回すごく泣いてて…#ちはやふる基金 で、あの皆さんのようにかるたに情熱を注ぐ方々を応援できるっていうのが、いまとっても嬉しくて… comici.jp/articles/?id=1…

私はご本人を知っているだけに 先生頑張ってるなぁと思いました。 年齢も経験もある程度まで行くと 他者のために力を使おう、 使わねば、とやはり思うのだな… 恩返しに恩送り。 素晴らしい。 私も私に出来る最大値目指して 頑張ろう。 皆さんも是非↓ comici.jp/articles/?id=1…

▶設立の元となったのは…明かされた真実に驚きも声も!

かるたの競技人口は右肩上がりを続けています。だからこそ、競技かるたに親しみを持つ子どもたちに「ずっとかるたを続けていたい」という夢をもって、強くなっていってもらいたい。

開催当初は全国で僅か8校から始まりましたが、10年ほど前に32校出場を超えて予選からトーナメントとせざるを得なくなり、数年前からは50校を超えるようになり、毎年全国各地から多数の高校生が参集して熱戦が展開されています。

一方で…。

選手の育成支援、大会運営に携わっている関係各所が、人的、金銭的な運営負担の増大など新しい課題に直面しているとのこと。

かるたはアマチュア競技です。渡辺令恵さんや西郷直樹さんのように有名な選手たちもプロではありません。遠征の費用は自腹です。大会参加費は、A級・B級ともに2500円ですが、自分で出します。

10年ほど競技かるたをやってたけれど「ちはやふる」の影響で参加者は本当にグッと増えてる(私もよく近江周辺の公民館などで試合をしていた) 会場数が足りない、会場も人でごった返して運営の手が回っていない その実情を目の当たりにしているからこそこの記事にすごく感謝と応援したい気持ちで一杯 https://t.co/5QX6TR2HpS

競技かるたって、プロがなくてみんな他の仕事(しかも正社員)しながら極めてて、しかもクイーン戦名人戦とか、役員の方々も大変なのに遠方から来てて、あそこまで強くなったのにさらに極めて ホントにすごい競技だと思う 他にこんな競技あるのかな

競技かるたって興行としてお金が入ってる訳じゃないから運営するのも大変なんだな…

▶文化を守る動きでもある…Twitterでは賛同の声があがっています。

競技を支えるのはフィクションのストーリーが大きい。 がんばってほしいな。 かるたを愛するみんなのために『ちはやふる基金』を設立しました #BLOGOS blogos.com/outline/429306/

ちはやふるの作者さんが、 かるた文化の普及のために基金を設立したとのこと。 すごいなぁ。。 ちはやふる は、祥己さんに勧められて読んでめちゃくちゃ勇気を貰った。 私も何か出来ることがあったら、 応援しよう。 comici.jp/articles/?id=1…

1 2