1. まとめトップ

80~90年代を代表する日本のアイコニックな存在まとめ(アイコン)

80~90年代を代表する日本のアイコニックな存在まとめ(アイコン)

更新日: 2020年01月17日

1 お気に入り 1458 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

(アイコン)80~90年代を代表する日本のアイコニックな存在まとめ

danasoundさん

おニャン子クラブ

今日9月20日は30年前の1987年に代々木第一体育館でおニャン子クラブが解散ライブ♪を行った日です。 おニャン子クラブは2年半と短い活動期間でしたが大きなムーブメントを巻き起こして社会現象までになった凄いアイドルグループでした。 pic.twitter.com/M81UulLHRZ

1985年にフジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループ。

おニャン子クラブとしてのグループ名義、メンバーのソロ名義、グループ内で作ったユニット名義などで、シングル、アルバム、ビデオソフト、写真集を絶え間なくリリースし続けてヒットさせ、1980年代(元号では昭和60年代に男女雇用機会均等法が成立してバブル世代の女性が社会進出した時期)のアイドルシーンを席捲していった。

尾崎豊

【今日の墓碑銘】 1992年4月25日。尾崎豊が死去。シンガーソングライター。高校在学中にデビュー。若者の挫折感や心の叫びを表現した楽曲が共感を呼びカリスマ的存在となる。代表曲に『15の夜』『卒業』『I LOVE YOU』など。あまりに若い突然の死は社会に衝撃を与えた (26歳・肺水腫) #生寄死帰 pic.twitter.com/9RnykK9SjX

映画『#尾崎豊を探して』 ついに2週間限定公開 上映最終日!(※一部劇場除く) 劇場一覧はコチラ▼ eigakan.org/theaterpage/sc… pic.twitter.com/CIjGuCyPUM

萩本欽一

80年代、高視聴率番組が続き、各番組の合計した視聴率の数字から「100%男」の異名を取る。これらの番組から人気芸能人が生まれ、彼らは「欽ちゃんファミリー」として巣立った。

この時のドリフターズに追い落とされたコント55号の萩本欽一は、後に『欽ちゃんのドンとやってみよう!』で「土8戦争」に参戦。ドリフを嫌う主婦層を取り入れ高視聴率をマークし『全員集合』に一矢報いる。後に土曜日8時からは離れるが、80年代に看板番組を多数持ち「視聴率100%男」の異名を取る。 pic.twitter.com/ajAB26VIgo

#昭和用語 「視聴率100%男」 萩本欽一が昭和50年代末期、フジの「欽ドン!」テレ朝の「欽ちゃんのどこまでやるの!?」TBSの「欽ちゃんの週刊欽曜日」と民放3局で冠番組を、その他にも多数の番組を持っていた事からついた名称。これらの番組に出たタレントは人気者になり欽ちゃんファミリーと呼ばれた pic.twitter.com/1mREoHbr8Q

@retoro_mode 『欽ちゃんのドンとやってみよう!』1975年4月5日から1980年3月までフジ系列で放送された萩本欽一さんのバラエティ番組。毎週土曜19:30 - 20:54(1975年9月までは20:55まで)通称欽ドン pic.twitter.com/oVfkErodpY

#ラジオ深夜便 〔にっぽんの歌こころの歌〕 思い出の流行歌 1980年代 番組主題歌集 「欽ちゃんのとこまでやるの」 youtu.be/oG724WYKRxs わらべ もしも明日が・・・。 (2016年8月) pic.twitter.com/PgxCB69QsO

中山美穂

80~90年代に一世を風靡した女優、歌手。

中山美穂が自分の中で絶対的なヒロインだから中山美穂以降のビーバップをどうしても観る事が出来ない。こんな可憐な美人さん中山美穂の他にいる? pic.twitter.com/M929BGb4CD

【TVガイド/あの時あの表紙あの番組(1180)】 [85.09.06]中山美穂 『毎度おさわがせします』〔TBS〕でドラマデビュー、 程なく人気アイドルの仲間入りを果たす デビューシングル『C』(オリコン最高12位/1985年度年間67位)で この年の日本レコード大賞・最優秀新人賞を受賞 @retoro_mode pic.twitter.com/r3rtKhiWNA

『Love Letter』 岩井俊二監督作品。韓国の方とラブレターの話になってまた見たくなって見てしまった...なぜ人の中にある壊れそうな繊細な部分をすくい取れるのだろう。二役の中山美穂がとにかく可愛くて魅力的。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/SOXz3SkwQ7

三浦知良

90年代初期から日本のサッカー人気を牽引し続ける現役のサッカー選手。Jリーグ、日本代表、セリアAと日本サッカー界の生ける伝説である。

「1% あるんですね?じゃあその1% を信じます(高校時代、ブラジル留学を99%無理だと言った担任に向かっての一言)」三浦知良(サッカー選手・『キングカズ』) pic.twitter.com/tBnzAORkCV

1 2 3 4 5 6