1. まとめトップ

冬においしいあったかバナナ!超簡単 焼きバナナと蒸しバナナのレシピ

冬に体を温める、焼きバナナ、蒸しバナナのレシピの紹介です

更新日: 2020年01月16日

2 お気に入り 512 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をまとめています。

oldtataさん

▼アーユルベーダでは蒸しバナナは体を温める食べ物とされている

■アーユルヴェーダ式「蒸しバナナ」のレシピ

作り方
バナナは皮をつけたままで、5センチの長さでカット。両端は切り取ります。蓋付きの大きな鍋に、底が水で覆われる程度の水を入れます。オイルとスパイスを加えて、火にかけて煮立てます。バナナを加え、蓋をして弱火〜中火で1~2分、軽く色が変わるまで蒸します。温かいままでお皿によそっていただきましょう

冬の寒い時期に生の果物を食べると、身体を冷やし消化の働きを弱る=アグニが低下してしまいます。そんな時は、果物を少量のスパイスと一緒に調理することがおすすめ!「身体を温める食事」に生まれ変わりますよ

■蒸しバナナチョコレート

バナナってね、加熱すると免疫効果が高まるそうなの☆デトックス効果、冷え性改善にもなるということ

・バナナは丁寧に皮をむき、いったん食べやすい大きさにカットします。

・ルクエにバナナの皮、そしてバナナの実を戻して皮で蓋をし、ルクエの蓋をして500Wの電子レンジで2分間チンっとします。

・電子レンジから取り出し、デコペンでチョコレートをトッピングし、飾り用のカラフルチョコを散して出来上がり。

■焼きバナナ&焼きリンゴのハニーナッツのせ

1. バナナとリンゴを食べやすい大きさに薄く切る
2. ココナッツオイルを熱したフライパンで焼く
3. リンゴを焼く時に、きび砂糖を少々ふる
4. お皿に、焼いたバナナとリンゴを盛り付けたら、お好みでシナモンシュガーをふりかける
5. 最後に、ハニーナッツを乗せて出来上がり

■浸ひた♪ふわふわ♪♪焼きバナナとフレンチトースト

01ボウルに☆を入れて、よく混ぜ合わせます。
食パンを半分に切って入れ、全面に行きわたらせるよう返しながら、1時間以上浸します。
02フライパンにバターと油を半量づつ入れ、1.の食パンを並べて蓋をし、弱火で8分くらい焼き色が付くまで焼いたら、裏返して5分くらい焼きます。
03バナナを5ミリくらいの輪切りにして、フライパンの端に並べ上下に返しながら焼いて、シナモンパウダーを振ります。
04お皿に、フレンチトーストと焼きバナナを盛りつけ、アイスクリームをのせて、メープルシロップなどをかけていただきます♪

■焼きバナナ

1.耐熱皿にバターと皮をむいたバナナを置きます。
2.電子レンジのグリルで12分焼きます。
3.バナナをひと口大にカットしてシナモンシュガー
をかけます。これで甘さは最小限です。
甘味が欲しい人は、グラニュー糖を少々かけて
焼いて下さい。

■焼きバナナ

1.バナナは、破けないよう房から取り、皮付きのまま表面をザッと洗い水気をしっかり拭く。
2.魚焼きグリルを中火にし、丸ごと焼く。途中ひっくり返す。全面真っ黒、プシュっと汁が滲み出てきます。
3.軽く押すとムニュ♪っとしたら出来上がり☆皮をむいてそのままでも。お好きなものをトッピングしても。

■電子レンジで焼きバナナ

バナナ皮をむき、ラップで包んだら、電子レンジに入れ200W・3分30秒加します。
バナナの色が変わりやわからくなっていればOkです。

バナナにはちみつをかけて完成です。お好みでシナモンをふりかけてお召し上がり下さい。

■風邪・疲労回復に!トースターで簡単焼きバナナ

風邪・疲労回復の他、冷え性、口内炎、便秘にも効きます!
今の季節にぴったりのデザート

バナナにアルミホイルを巻きます。
トースターで、片面7〜8分ずつ焼きます。
焦げ目がついたら取り出し皮をめくります。
皮をめくるとあったか
フワトロ焼きバナナの出来上がり!
スプーンでお召し上がりください。

1