1. まとめトップ

【新生活】一人暮らしをする前に準備する事まとめ7選!<経験談>

大学が決まったら次は一人暮らしの準備!著者の経験から、一人暮らしをする前にするべき準備を分かりやすく解説。

更新日: 2020年01月16日

2 お気に入り 721 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一人暮らしの失敗経験を元に「一人暮らしをする前に準備する事まとめ」を作成しました。

①アパート探し

ドキドキの一人暮らし♡
でも、肝心な住む場所が決まって無ければ話になりません…。
まずは大学から紹介して貰える不動産屋さんや住まい探しをサポートしてくれるSUUMOで、まずはアパートを探してみてはいかがでしょうか。
家賃・間取り・住所など、お部屋の条件を予めリストアップしておくとスムーズです!!

②部屋の窓のサイズを測る

引っ越し当日にカーテンが無いのは本当に恐ろしいです…。
女の子なら尚更!
お部屋が決まったら不動産屋さんに「窓の長さを測らせてほしい。」とお願いすると入居する前に測る事が出来ますよ♡

③洗濯機を設置する場所のサイズを測る

洗濯機を引っ越し当日から使用したいのであれば、設置する場所のサイズを測らなければいけません…。
大型電気店での購入だと、直接アパートに配送依頼が出来るので便利です。

③トイレットペーパーを持っていく

引っ越し当日、トイレに入った後に経験するのが「トイレットペーパー事件」です。
その名の通り、トイレットペーパーが無いために起こる事件です…。
ポケットティッシュでも良いかもしれませんが、水に流せないタイプもあるので要注意です。

④最低限の生活必需品を購入

寝具・机・食器・着替えなど必要最低限の生活必需付品を準備しておくと◎
今後、必要になりそうなものでアパートの近くにあるお店で買うと引っ越し費用も浮きますよ!

⑤引っ越し屋さんに早めに連絡

3月~4月は引っ越しのピークですので、金額もとても上がります。
私が某引っ越しセンターに連絡したところ、なんと見積金額20万円と言われました…。
クロネコヤマトの引っ越しサービスになると、一人暮らし専用のプランがあり一万円以内の金額に収める事が出来ます。
初めての引っ越しですので、引っ越し費用の相場が分からない方もいるかもしれませんが20万円は本当に高すぎです!
安易に契約しないようにご注意下さい。

⑥電気・水道・ガスの開通依頼

一人暮らしあるあるで多いのが、電気・水道・ガスの開通依頼を忘れること。
管理会社でやってくれる場合もありますが、ほとんどの場合は自分で連絡をしなければいけません。
更に開通依頼をしたのに「水が出ない!」「電気が付かない!」というトラブルが起きる事も。
アパートに到着したら一通りのライフラインはしっかりと確認しましょう。

アルバイトで貯めたお金で引っ越しをする学生もいるかもしれませんが、ほとんどの方が家族からの支援を受けているはずです。引っ越し当日は家族みんなに感謝の言葉を忘れずにしましょう…。もちろん、可愛いペットにもお別れの挨拶を―

⑦家族に感謝の言葉を

一人暮らしの準備に便利なお店

1 2