1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

手塚治虫の漫画尽くしの学生時代についてまとめました。

手塚治虫と漫画の出会い

1928年11月3日に大阪府豊能郡豊中市で生まれました。

1935年に兵庫県にあった池田師範附属小学校に入学しますが母親が東京出身だったこともあり、周りの生徒と違い近畿方言が話せずからかいの対象になってしまっていました。
そんな手塚を救ったのが幼いころから見様見真似で描いていた漫画絵でした。
手塚治虫自身最初の作品は小学2年生の時に完成させた「ピンピン生チャン」です。

ピンピン生チャン:手塚治虫と戦争:TezukaOsamu.net(JP)手塚治虫 公式サイト

手塚治虫が初めて完成させた漫画「ピンピン生チャン」が紹介されています。

手塚治虫初めての長編作品

小学5年生の時には長編作品「支那の夜」を完成させました。
このさくひんは仲間内だけでなく学校の教師の間でも話題になるほどでした。
漫画を描くことでクラスからも一目置かれ、またいじめっ子も漫画目当てに家に訪れるようになりいじめもなくなっていきました。

手塚治虫と昆虫、科学、天文学との出会い

手塚治虫自身初の長編作品を完成させた頃にど同級生の石原実と親しくなり彼の影響を受けて昆虫や科学、天文学に興味を持つようになりました。
手塚家の広い庭は昆虫が豊富にいて昆虫採集には適切な環境で過ごしていました。
そのため興味に対し深みを持たせました。

【衝撃】「手塚治虫」が小5の時に書いた絵本が凄すぎる件wwwwwwwwwwww

昆虫に興味を持っていた時に手塚治虫が書いた昆虫の絵が紹介されています。

手塚治虫はペンネーム!?

手塚治虫の本名は手塚治で読み方はオサムで同じです。
昆虫に興味を持った手塚治虫は友人から借りた平山修次郎『原色千種昆蟲図譜』を読み、甲虫のオサムシの存在を知り、それにちなみこの時期からペンネームとして「手塚治虫」を使い始めました。
1950年頃までは「治虫」はそのまま「おさむし」と読ませていました。

戦争中でも漫画を書き続けた!?

1941年大阪府立北野中学校に入学しました。
軍事色が強まっていた時期であり、小学校時代とは一転し漫画を描いているのを学校教練の教官に見つかり殴られたりしていました。

この時期に仲間内で作った同好会の会誌などで漫画を執筆する一方で、手塚版「原色千種甲蟲圖譜」などイラストレーションによる図鑑を自作したり精力的に活動しました。

手塚治虫自身の戦争体験が漫画に!?

1945年3月 戦争時の修行年限短縮nより北野中学校を4年で卒業しました。
その後、旧制浪速高等学校を受験したが漫画ばっかり描いていたため、不合格となりました。
6月に勤労奉仕で監視哨をしていた時に大阪大空襲に遭遇し頭上焼夷弾が投下されますが急死に一生を得ました。

この空襲は手塚治虫の原体験となり後に「紙の砦」(1974年)や「どついたれ」(1979年-1980年)などの自伝的作品の中にその様子が描かれています。

大学の医学部に入学!?

1945年7月、大阪帝国大学附属医学専門部の試験を受け、入学を許可されました。
そして医師の勉強を続けながら漫画の執筆も行い、医師国家試験にはジャングル大佐や鉄腕アトムなど連載の執筆をしながら合格しています。

1