1. まとめトップ

健康にも環境にもいい"2アップ3ダウン"とは

気軽にできて健康にも環境にもいい"2アップ3ダウン"について紹介します。皆さんも実践してみてください

更新日: 2020年01月17日

1 お気に入り 211 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BKB250さん

2アップ3ダウンとは?

2アップ3ダウン(ツーアップスリーダウン、two-up three-down、和製英語)とは、企業や地方自治体で実施されている省エネルギー方法の一つ。なお、健康増進を目的に用いることもある。

近頃、目や耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
この運動は、2階上がったり、3階下りたりする程度の短い移動であれば、エレベーターではなく階段を利用して身体を動かす機会をつくろうというものです。

日常生活の中でも取り組みやすい、健康増進につながる活動ですね。
また、エレベーターは起動時の電力負荷がかなり大きいので、短距離での昇降を控えることで効果的な節電が可能になり、エコにもつながります。

長く続けるコツは?

ちなみに、この一石二鳥な「2アップ3ダウン運動」に取り組んでみたところ、いきなり毎日階段を使用すると心理的なハードルが高いことが分かりました

そこで、週に一度"階段DAY"を設けたり、退社時に階段を使用してみる…など、負担にならないような工夫をして継続しています。

唯一の短所は知名度が低いこと

この方法にも長所と短所は存在する。ここでは、双方を挙げておこう。

長所

・ビルの省エネのみならず、電力の浪費の予防に対する啓発になる。
・エレベーターだけでなく、階段を利用することによって省エネ以外にも運動不足の解消やダイエットにも繋がる。
・エレベーターやビルの耐用年数を延ばすことが可能なる。

短所

同じ省エネ方法でもクールビズと違ってマスメディアに露出する機会が少ないので、一般への浸透がいまいち芳しくない。

大企業でも実践!

エレベーターの電力を消費しないので、身近で実践しやすいエコアクションとして、バンダイ社員にも根付きはじめてるんだよ!

2アップも疲れるかもしれないけど・・・・・
省エネだけではなくて、健康にも役立つから、
くちぱっちも“かんきょうたいし”としてチャレンジしみてね!!!

「わかっただっち!
バンダイの社員は、がんばりやさんだということがわかっただっち!
かんきょうたいしとしては、とてもうれしいことだっち(〇・3・〇)/

バンダイの社員は2アップ・3ダウンだけではなく、社内のエコに役立つエコアクションができるように、いろんなことをしているよ!

Twitterの反応

「ノーサイド精神」って案外流行らなかったな。代わりに「2アップ3ダウン精神」を広めたい。

9階から7階に降りるのにエレベーター使わないでよ 3ダウン2アップは階段を使おう運動があるのに

節電の呼びかけで「2アップ3ダウン」ってありますよね。 2つ上の階まで、または3つ下の階までの移動ならエレベーターじゃなくて階段を使うってやつ。 この程度なら、明日からでも取り入れられそう……かも? twitter.com/tutiyak/status…

2アップ3ダウンくらいなら階段で行きましょう!ってハードルの初期設定高すぎないか? せめて一階分の登り降りなら階段にしていただけませんか?くらいの態度でいてほしい

膝や腰の悪い人には勧められませんが、階段を昇るだけで #健康生活 が始まります。 そういえば、筑波宇宙センターにも、「2アップ、3ダウン」という標語が張ってあります。階段を使って、昇りは2階・降りは3階を移動しましょうとの意味。 重力をうまく使えば、健康で過ごすことができます! pic.twitter.com/5J5sXdN9Hr

1