1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fundoshi666さん

●「働かないおじさん」とは

働いていないように見える、または働いていても非効率で生産性が悪い従業員をいいますが、一般的に中高年層に多く見られることから、「働かないおじさん」と表現されています。

▼なぜ「働かないおじさん」が生まれるのか

中高年の社員が管理職コースを外れてしまうと、多くはスキルも持たない上に、今さら新たな部署でキャリアを再構築するのも難しく、行き場を失ってしまいます。

▼「働かないおじさん」の生態

パソコンの画面をじーっと見つめたまま、数時間。手を動かしている風でもないし、寝ているのかと思ったこともあります。かと思えば通路をうろうろした挙げ句、たばこ部屋にこもってしまい、本当に何をしているのかわからない。

システムトラブルがあっても『なんとかしろ』と言うだけで、それを指示というのかな、と不思議でした。また、資料を作るにも1本指でキーボードを打って、1日で200文字ぐらいしか進んでいないおじさんもいました。働かないおじさんたちを通して、会社で働くことの現実を知りました

●特に、パナソニックは深刻

年功序列がまかり通っており、高齢の“働かないおじさん”が年収1500万円以上の高給をもらっている。

▼ちなみに、年収1500万円の手取り金額は?

これだけ貰っていて、しかも「働かないおじさん」…。
羨ましいような、腹が立つような…。

▼パナソニックは「働かないおじさん」の一掃に着手

パナソニックの「老衰」をストップさせるため、津賀社長は大胆な人事改革に着手した。

増え過ぎた執行役員(取締役と兼務する役員を除く)を43人から10人へと4分の1に削減

執行役員になってからの在任期間が「3年」以上と、滞留している人員が17人もいる。この辺りが、津賀社長のメスが入るターゲット

●Twitterでは、様々な意見が

こういうの定期的に話題になるけど、いまの若い人たちが将来「働かない年収1500万おじさん」になれる可能性が高ければ誰も文句言わないと思うんだよなあ。世代間による不公平感が問題なんでしょう。 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2020…

(2)「働かないおじさん」とは「氷山の上」にある「人目につく現象」だと思います。「氷山の下」には、日本型の教育・雇用・制度が絡み合って存在している。この問題を、特定の性別・年齢の問題にせず、雇用の在り方全体を振り返るよい機会にしていければよいと思います business.nikkei.com/atcl/forum/19/…

いよいよ #非正規 の賃金を上げるために働かないおじさん切りの時代。 「期待と給与とがミスマッチを起こしている可能性が高いのは、勤続歴が長い人たちです。つまり、残念ながら年功で給与が増えている可能性がある...」 好業績でも正社員リストラ 同一労働同一賃金の衝撃 a.msn.com/00/ja-jp/BBYVs…

「働かないおじさん」 とかバカにしてても。 若い人が 「おじさん」 になるのはあっという間だでね。 あんまりおじさんに厳しい空気は作らない方が長い目で見てお得だとおもうよ _(:3 」∠)_ >RT

1 2