1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

カラオケだけじゃない!ツイッターで見かけた「歌の練習場所」

1月19日は「カラオケの日」。カラオケ店もいいけれど、もっと気軽に歌い時もあるもの。ツイッターで見かけた「歌の練習場所」。

更新日: 2020年01月30日

8 お気に入り 10076 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆1月19日は「カラオケの日」

1946年1月19日、NHKラジオ「のど自慢素人音楽会」(現在のNHKのど自慢)が放送開始されたことがきっかけだとか。

2018年度のカラオケ参加人口は昨年より微減の約4,670万人と推測された。3年連続で緩やかな減少傾向。

◆カラオケ店じゃない「歌の練習場所」について様々なツイート

▼公園

もうすぐ歌の練習の為に公園に行きます(^-^)季節も秋になって、外の風も気持ちよくなってきましたね。公園で歌うには最適な季節です。これからは公園にたくさん行って歌の練習に励みたいと思います。公園で大きな声で歌うのも気持ちいいものですよ(^^)皆さんもいかがです??(笑)

昨日の稽古終わりに義実家への帰宅途中の大きな公園で歌練習 広い公園は人がいても気にならないからいいなぁ 公園で歌練習って響きも懐かしい… 10年ぶりのミュージカル!!! ソロパートもあります 来週からいよいよ振付け‼️ pic.twitter.com/axENzmAfYF

▼高架下

普段歌の練習に使用している、高速道路の高架下。 ほぼ人が来ないので人目を気にせず大声で歌えるし、屋根があるから雨もしのげて超穴場スポット。 でも今回SNSで紹介してしまうから、今後間違いなく人が殺到してしまうなー。 画像見たらここがどこなのか、すぐわかっちゃうもんなー。 #歌の練習場所 pic.twitter.com/jDWxavVNiy

先程、高架下で歌の練習をしてきました☀️ 新しく路上で歌いたい曲があったので これからものにしようとおもいます☺️ pic.twitter.com/UmCXrt5CoK

夜、川沿いの遊歩道の高架下で、歌詞カードを片手に歌の練習をしているおじさんがいてた。 高架の壁に声が跳ね返ってエコーがかかってるみたいになってる。 カラオケという便利な場所があるのに、おじさんにとってはこの高架下が最高の練習スタジオなんやろうな。 なんかいいな。

▼河川敷・海岸

恥じらいを捨て雨に唄えば大作戦!!河川敷で歌の練習をしてきた☂️ 途中で両サイドからおじいさんがやって来たけど、もう気にせず歌いました。明菜ちゃんの1/2神話がめっちゃ河川敷に響いた笑 いい加減にしてぇ~ pic.twitter.com/MEVNxBiDwn

▼森

森から帰ってきました。 見晴らしの良い場所に行ったり、ハープ弾いたり、歌練習してゆるゆる過ごしました。静かで響く場所だから、練習がはかどる✨ 6月からの梅雨の時期に合わせて、賑わう場所では傘の飾り付け。 傘の中には小さな電球がついていました。夜、綺麗だろうな^_^ pic.twitter.com/f9HVSL7yoy

中学の演劇部の合宿に参加してきました。身体中ばきばき。たくさん考えたし、宿題たくさんもらえた感じ。練習以外の時間に、森の中で歌の練習。気持ちよかったー。新しいTシャツとともに[kaoruco] pic.twitter.com/zvbytS68ER

@tk_com_hs 林の中で練習しまくった歌。練習の成果明日みせたるぜー!

▼屋上

稽古場の屋上で開放感満載で歌練習してたら今まで出たことない高い音出るようになった。 蒼穹練習すごい pic.twitter.com/TdqR2UdutR

@Caraz_777 普段は鍵しまってるね。体育祭の応援歌練習の時は屋上でやった!

仕事の昼休みに歌の練習しに屋上行く人がいる会社。面白い。

▼車の中

1 2