1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ライオンのおやつ』だけじゃない!「小川糸」のおすすめ作品

芥川・直木賞受賞作より売れると注目を集める異色の文学賞「新井賞」。この賞を受賞した小説家「小川糸」のおすすめ7作品。『食堂かたつむり』、『喋々喃々』、『つるかめ助産院』、『あつあつを召し上がれ』、『ツバキ文具店』、『キラキラ共和国』、『ライオンのおやつ』。

更新日: 2020年02月11日

20 お気に入り 4328 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『食堂かたつむり』

同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。

『食堂かたつむり』#読了 こんなに優しいお話を読んだのは久しぶりかもしれません。 言葉の端々から温かさや、胸の奥がきゅっとなる寂しさが伝わってきて、読後はまるで美味しいご飯を食べたような満足感がありました。 「いただきます」「ご馳走さまでした」って本当に素敵な言葉ですよね☺️ pic.twitter.com/KgAeyQgVi0

小川糸『食堂かたつむり』読了。 料理の描写が本当に素敵で、自分の料理欲に火をつけられた。 自然の中で、質素だけど丁寧に暮らす様子に憧れる。 誰かのことを想って料理すること、想いが込められた料理を食べること。どっちもとても幸せだなって思う。 pic.twitter.com/5MQphatUVZ

◆『喋々喃々』

「喋々喃々」=男女が楽しげに小声で語り合うさま。東京・谷中でアンティークきもの店を営む栞。ある日店に父親に似た声をした男性客が訪れる―少しずつふくらむ恋心や家族との葛藤が、季節の移ろいやおいしいものの描写を交え丁寧に描かれる。

読了「喋々喃々」著 小川糸  じんわり温かで、切ない恋の物語です。アンティークきもの店を営む栞が主人公。そこに春一郎が現れて、二人の恋が始まります。二人の関係は不倫なんだけれど、生々しさや醜悪な面はなくてただ相手を思いやる気持ちに心惹かれます。なんでこんなに温かな話なのでしょう?

【読書記録】小川糸『喋々喃々』読了。喋々喃々とは、男女が小声で楽しげに語らう様を指す言葉。それに加え毎話登場する食事のシーンが素敵で美味しそうで・・ああんもう!

◆『つるかめ助産院』

家族を失い傷心のまりあは、南の島の助産院で居候生活を始める。何をするにも自信が持てない彼女だったが、島で出会った魅力的な人々に影響され、少しずつ自分の過去と向き合えるようになり…。

つるかめ助産院/小川 糸 #読了 何度も温かい涙が出るそんな素敵なお話。何も無い南の島で強くて優しい人たちと大自然に囲まれて自給自足の生活で心が洗われる。こんな島に行ってみたい。これから子供を産む人に是非お勧めしたいです pic.twitter.com/YuTG3gDfQO

つるかめ助産院 小川糸 著 読了 失意の まりあ が訪れた 南の島 つるかめ助産院や島の 人たちとの交流の中、まりあが悩みから立ち上がっていく みんな悩みを抱えながら、明るく楽しく暮らしている 妊娠、出産という人間のドラマを見事に描いている ぜひ女性に読んでもらいたい。 この人生観 好きだな pic.twitter.com/66biqOZch6

◆『あつあつを召し上がれ』

うまい物を食うと、本当に子供みたいな顔になるね。恋人との最後の食事、今は亡き母にならったみそ汁のつくり方……。ほろ苦くて温かな、忘れられない食卓をめぐる七つの物語。

「あつあつを召し上がれ❁ 小川糸」 ほんのり暖かくて、しんみり寂しくなるような短編集でした。人生の節目に登場する素朴で魅力的な料理達に、静かに抱きしめられているような心地がします。今年で9年目の付き合いになる親友が手渡してくれた本です。心に沁みたよ、ありがとう。 #読了 pic.twitter.com/rKWCoC7D33

『あつあつを召し上がれ』 ・読んでいるだけで心が満たされ、食欲が増す、そんな温かい本です ・食にまつわる温かなエピソードの詰まったオムニバス ・小川糸さんの情景が鮮明に浮かぶ文体が魅力的です とにかくシュウマイが食べたくなります。 そしてヨコハマに行きたいです…。笑 #読了 pic.twitter.com/49GdkrZET1

◆『ツバキ文具店』

ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、今日も風変わりな依頼が舞い込む。伝えられなかった大切な人への想い。あなたに代わって、お届けします。

ツバキ文具店 小川糸 鎌倉で文具店と手紙の代筆屋を営む鳩子。心があたたかくなり、時には感動で涙が出てしまった。読むのを迷っている人は一度読んでみることをおすすめします✨早く続編を読みたい!! #読書好きな人と繋がりたい #読書記録 #読了 #読書垢 pic.twitter.com/1RSB3kNGni

#読了『ツバキ文具店』小川糸 (;ω;)すっっっごくよかった!! 読み終わった今も涙がなかなかひかないです。 大人になると心の奥にかたまりができて何も届かなくなる感じがしてて。最近は音楽に慰められていたけれど、ちゃんとかたまりにも届いて、ゆっくり溶けて最後には涙なみだでした✨✨

◆『キラキラ共和国』

ツバキ文具店は、今日も大繁盛です。夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。『ツバキ文具店』待望の続編。

小川糸「キラキラ共和国」読了。 ツバキ文具店の続編ということで購入。 前作同様に鎌倉を舞台にほっこりとした物語が展開していきます。 前作よりポッポちゃんの気持ちが濃く書かれてたかなと思いました。 読み終わった時にすごく優しい気持ちになれる小説。今作も感動しました。 #読了 #読書

1 2