1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

・中国で集団感染者が報告されている新型コロナウイルス感染症

【新型のコロナウイルス?】 中国で相次ぐ謎の肺炎 新型のコロナウイルスの可能性が指摘されました。影響は?専門家はどうみるのか?ニュース7で 詳しくお伝えします。総合テレビ夜7時からです。www3.nhk.or.jp/news/html/2020… pic.twitter.com/q7nGp8Z7kt

中国内陸部の湖北省武漢市の地元当局は16日、新型のコロナウイルスによる肺炎で69歳の男性が死亡したと発表しました。

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスで、人への感染症はこれまで6種類が知られており、風邪の原因にもなる。

・中国武漢市で2人目の死亡が確認されたという

【7人重症】新型コロナウイルス肺炎で初の死者 中国・武漢 news.livedoor.com/article/detail… 武漢市当局はこれまでに41人を新型コロナウイルスによる肺炎と診断。「1月3日以降、新たな症例は見つかっていない」と説明した。 pic.twitter.com/Fckke3OuvR

死亡した男性は69歳で、12月31日に発病し、今月4日に症状が悪化し、武漢市の金銀潭医院救急治療センターに搬送された。

入院時は心臓の筋肉が炎症を起こす心筋炎や、複数の臓器不全を併発していて、治療の甲斐なく15日に死亡したという。

中国内陸部の湖北省武漢で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、地元当局は新たに69歳の男性が死亡したと発表しました。中国での、この肺炎による死者は2人目です。 www3.nhk.or.jp/news/html/2020…

・今月末、中国では30億人が大移動するとの予想も

延べ30億人が大移動する中国の旧正月・春節の休みが始まり、感染症拡大の防止策が求められる。

各国は警戒を強めており、国土交通省は全国の空港や港で適切な検疫を実施するなど水際対策を徹底する考えを示している。

・日本国内でも感染者が確認されたが、すでに退院しているという

日本の厚生労働省は、木曜日、中国の武漢でウィルス性肺炎の集団感染を引き起こしている新型コロナウィルスへの感染者が、国内で初めて確認されたことを発表。 arab.news/wnne8 pic.twitter.com/pcJH6tsUuS

厚生労働省などによりますと、新型のコロナウイルスが確認されたのは、神奈川県に住む30代の中国籍の男性

中国の湖北省武漢に渡航していた今月3日に発熱し、6日に日本に帰国したあと医療機関を受診し肺炎の症状で入院しました。

日本国内での新型肺炎患者は初確認。 新型コロナウイルス関連の肺炎患者、日本国内で初確認 中国・武漢市から1月6日に帰国した神奈川県内の男性 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/20… @itm_nlabから pic.twitter.com/2FBV5JiRI7

男性は症状が軽くなり、すでに退院しているそうです。

国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されました。中国から多くの人が訪れる観光地では不安の声が上がり始めています。

新型肺炎、日本でも初確認されました。 この肺炎を引き起こす新型コロナウイルスについて、厚労省は「一般的な感染症対策をしっかりして、過剰な心配をしないように」と呼び掛けています。予防には、咳エチケットの心がけや、石鹸での手洗い、うがいが良いようです。 huffp.st/P2FHP2Z

・中国に拠点を持つ日本企業は、事態の確認を急いでいる

現地に進出している日系企業は感染予防の対策を進めています。JETRO=日本貿易振興機構によりますと、武漢やその周辺の都市には去年10月の時点で156社の日系企業が拠点を置いています。

流通大手の「イオン」は武漢にある大型の商業施設など8つの店舗で通常どおり営業を続けていますが、売り場の棚などの消毒を徹底するようにしているほか、従業員の健康に異常がないか確認している

武漢市には県内から富山市のインテックや高岡市のタカギセイコーが事業所を展開しており、インテックの五十嵐陽総務部長は現地への出張を取りやめ、テレビ会議へ切り替えた他、本社から1600枚のマスクを送り着用を呼び掛けています。

・現段階では、新型コロナウイルスの感染メカニズムは不明瞭

1 2