1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

●中日ドラゴンズの監督を2度務めた高木守道氏が死去

プロ野球史に残る巨人との「10・8」決戦で指揮を執るなど、中日の監督を2度務めた高木守道(たかぎ・もりみち)氏が17日午前、急性心不全のため亡くなった。

引退後は92~95年シーズン途中、2012~13年の2度、監督も務めた。通夜、告別式は近親者のみで執り行われる。

●ネットでは、突然の訃報に悲しみの声が広がっている

中日のレジェンド、高木守道が亡くなりました。 昭和最高のセカンドである「ミスタードラゴンズ」。 また昭和が逝ったと感じますね。 本当に急にという感じです。 合掌

高木守道さん亡くなられたんですね…… ご冥福をお祈りします

急なことでビックリしてます。 高木守道さんのご冥福をお祈りします。 皆さん、明日、豊田スタジアム行けないね。 #CBCラジオ #板東サンデー

そう、1番高木が塁に出て〜から始まるんだよな…ご冥福をお祈りいたします

●思い出を投稿する人も相次いでいる

中学生の時、落語家の桂文也師匠に「眉毛が高木守道に似ている」と言われたことがありました 眉毛が似てるって、何だ… 一番高木が涙(るい)に出て…♪

高木守道…タイムライン見てると愛されてたんだね…

高木守道の現役は知らない。10.8名古屋最終決戦がすごい印象的。

●現役時代は「ミスタードラゴンズ」と評されるほど活躍

高木さんは地元・岐阜県出身。1960年に県立岐阜商業高校からドラゴンズに入団、二塁手として華麗なバックトスでファンを魅了プロ通算21年間で2000安打、200ホームランを達成

75年には中日の生え抜き打者では初の2000安打を達成し、名球会入り。21年間で2282試合に出場し、2274安打の打率・272、236本塁打、813打点、369盗塁。ベストナイン7度、ダイヤモンドグラブ賞3度だった。

●監督時代には、巨人との「10・8決戦」を指揮した

プロ野球中日で俊足好打の名二塁手として活躍し、監督では1994年に巨人との「10・8決戦」を指揮した

1 2