1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

特徴的な開け方のノザキのコンビーフ

缶詰に付属した細い棒(正式名称:巻き取り鍵)を缶の表面に差し込み、缶の表面をペリペリと剥がしていくというもの。

そんなコンビーフが1月15日にとある発表をした

【大切なお知らせ】 この春、台形の枕缶に入ったコンビーフの販売を終了いたします。 枕缶での販売開始から70年、製缶等製造ラインが限界に来ており、 このような決断となりました。 長年のご愛顧、 誠にありがとうございました。 あと少しの間 枕缶をどうぞよろしくお願いします。 【1/3】 pic.twitter.com/dMHtvfK5zB

2020年の春に枕缶の販売を終了し、パッケージをリニューアルすることを突如、発表した。

『ノザキのコンビーフ』を始めとした現行の「枕缶」商品を、より使いやすく、バリア性に優れた新パッケージへリニューアルし、2020年3月16日より発売する。

なぜこのタイミングでリニューアルを発表した?

それに伴い、70年ぶりにパッケージを大幅リニューアルいたします。 新容器は『アルミック缶®』 シール蓋なので、小さなお子さまでも左利きの方でも簡単に開けられます。 発売日は3月16日。 それまでに、発売以降も、 皆さまの新容器に対する不安や疑問に寄り添えればと思います。 【2/3】 pic.twitter.com/YPoXVxm4NY

川商フーズ 食品流通部・谷口伸一常温食品グループ長「できれば現行の枕缶で継続したい気持ちは強くあったんですが、70年たちましたので、設備の老朽化の問題がありました」

新しい容器は、おなじみの台形はそのままで、牛のマークもそのまま。
しかし開け方は、“クルクル”から”ペリペリ”へ。
より開けやすいシールタイプに変更されることに。

こうして、アルミ箔(はく)や樹脂フィルムを張り合わせたものを採用することで、密封性が高くなり、賞味期限も現在より6カ月延びるという。

他のコンビーフ商品もリニューアル

100gの枕缶って、世界中でも日本にしかなく、コンビーフにしか使われない特殊な缶型なんです。 それ故に、継続が出来なくなってしまいました。 しかし世界から枕缶自体が消えるわけではないので、ウルグアイ産の大きい340gのコンビーフは引き続き販売予定です。 pic.twitter.com/mmp7pqDRwW

また、『ノザキのコンビーフ』と共に、『ニューコンミート』、『脂肪分50%カットコンビーフ』、『ご飯にめちゃいける 和風コンビーフ』も新しく生まれ変わる。

このリニューアルにより、ネットでは高額転売も。。

私より、親愛なるフォロワーさまにお願いです。 枕缶のコンビーフはまだ在庫があります。少なくても、一週間や二週間で売り切れるような量ではありません。悪意のある人が買い占められる量でもありません。 それなので、焦ってアプリ等の転売品を買われないようにしてください。お願いします‍♂️

このリニューアル発表にSNSでは?

枕缶のノザキのコンビーフ、ドラッグストアーで見かけたのでキャンプご飯用に買ってみることに。 前にぐるぐるしたのはいつだったっけなー pic.twitter.com/9jH32nBUgM

ノザキのコンビーフって、くるくる回して開けるんだ!?!?!?!?!?!?!?2年前に初めて買って開け方がよく分からずに開け口が完全に切れて無理矢理缶をこじ開けてチョロチョロ食べたので食べた気が全くしなかった苦い思い出

ノザキのコンビーフは大好きなのだが、左利きの人が開けにくいとは気がつかなんだ。

ノザキのコンビーフ缶が変わるのを惜しむ声も多いけど、私の様に手が不自由だったりすると開けやすくなるのは有り難い事だったり。

ノザキのコンビーフがパッケージ変更とともに100グラムから80グラムにするとのこと。一度に食べるには多すぎるの声があったからというが、コンビーフ1缶を食べきる人っているのかね?自分は3、4日で食べていたから、減らされるのは残念。むしろ20グラム増やしてほしい

転売には怒りの声が

1 2