1. まとめトップ

希少!食べて美味しい!「ご当地」ポテトチップス

今迄、数多くのポテチが発売されましたが、今回はご当地ものを採り上げます。

更新日: 2020年01月18日

1 お気に入り 1128 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

●カルビーは47都道府県のご当地ポテトチップスを発売している!

あげいもは、ジャガイモを使用した揚げ物料理で、北海道のファーストフード。皮をむいたジャガイモをまるごと使用する。茹でた(もしくはふかした)ジャガイモに、ホットケーキミックスや、小麦粉に卵やベーキングパウダー・砂糖・牛乳・水などを混ぜた物を衣として、油で揚げた北海道のご当地料理である。

きりたんぽ鍋は、鶏(比内地鶏)のガラでとった出汁をベースに濃口醤油、日本酒と砂糖(または味醂)で醤油味のスープを作る。ゴボウ、マイタケ(金茸、銀茸)、比内地鶏など煮えにくい素材から順に入れ、中火で煮立てる。きりたんぽとネギを入れ、味が染みる直前でセリを投入する。

だだちゃ豆(だだちゃまめ)は、枝豆用として栽培されるダイズ(大豆)の系統群である。山形県庄内地方の特産品。

協同組合宇都宮餃子会監修。

ほうとう(餺飥)は、山梨県を中心とした地域で作られる郷土料理。基本的には小麦粉を練りざっくりと切った太くて長い麺を、カボチャなど野菜と共に味噌仕立ての汁で煮込み、熱いうちに提供される料理の一種である(麺料理には限らない)。

「へしこ」は、青魚に塩を振って塩漬けにして、さらにぬかに漬けこんだ越前地方の伝統食品です。魚を長期保存するための保存食として、江戸時代の中期には、へしこ作りが始まっていたと言われています。本商品は、炭火で炙った「へしこ」の味わいを再現したポテトチップスで、ぬか漬けした熟成感のあるさばの深い味わいを楽しんでいただけます。

沖縄県では、ジャスミン茶の一種であるさんぴん茶(さんぴんちゃ)が飲まれている。一般のジャスミン茶が緑茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものであるのに対して、さんぴん茶は半発酵茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものである。「さんぴん茶」という名称は、ジャスミン茶を指す中国語の「香片茶」(シャンピェンチャー)が転訛したものである。

●この様なものもあった!

山口県の味。
濃厚な豚骨スープの塩気と脂気の効いた独特の匂いを発する宇部ラーメンの味わいを再現したポテトチップスです。

岩国市玖珂にある飲食店の「いろり山賊」の味を再現。

●他社では、この様なポテチを発売していた

・ザクッとした食感と豊かなポテトの風味が味わえるポテトチップスです。
・野菜や果物を煮込んだような、フルーティーでマイルドなカレーのおいしさをお楽しみいただけます。
(カレーの風味は香料使用。)

“カレーの街よこすか”20周年を記念した、横須賀市とハウス食品のコラボレーション製品です。横須賀市では“カレーの街よこすか”を宣言し、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル」を開催する等、様々な取り組みをされています。ご当地カレーとして知名度の高い「よこすか海軍カレー」のおいしさをオー・ザックで表現しました。
((注)本製品は、カレーの街よこすか事業者部会公認アイテムです。)

1