1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『螢草』だけじゃない!「葉室麟」のおすすめ小説

『螢草 菜々の剣』が実写ドラマ化される、小説家「葉室麟」(故人)のおすすめ7作品。『銀漢の賦』、『柚子の花咲く』、『蜩ノ記』、『散り椿』、『春雷』、『天翔ける』。

更新日: 2020年02月22日

3 お気に入り 1517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『銀漢の賦』

寛政期、西国の小藩である月ヶ瀬藩の郡方・日下部源五と、名家老と謳われ、幕閣にまで名声が届いている松浦将監。幼なじみで、同じ剣術道場に通っていた二人は、ある出来事を境に、絶縁状態となっていた。二人の路が再び交差する時、運命が激しく動き出す。

「風の峠」の原作「銀漢の賦」は直木賞作家、葉室麟先生の最高傑作である。最初期の作品であるが、籠っている熱意が半端ない。そして泣ける #風の峠 #銀漢の賦

 葉室麟『銀漢の賦』読了。自身の小説で作家が果てしなく飛躍することもある。本編がそれで、善悪紙一重、正攻法で巧みな歴史エンターテイメントとして表現している。日本人の心情、武士の魂に打たれ、感動を呼ぶ傑作だ。直木賞受賞作『蜩ノ記』を読んでみたくなった。次は湊かなえ『花の鎖』へ。

◆『柚子の花咲く』

一人の武士の遺骸が河岸で見つかった。男は村塾の教師・梶与五郎。かつての教え子・日坂藩士の筒井恭平は、師が殺された真相を探るべく隣藩へ決死の潜入を試みる―。命がけで人を愛するとは、人生を切り拓く教育とは何かを問う、感動の長篇時代小説。

柚子の花咲く 葉室麟 清々しい気持ちになりたいとき、いつも葉室作品を手にする。 器用でなくともまっすぐに生きて行きたいといつも思わせてくれる。 葉室作品の読み終わって本を閉じた時に来る、心洗われる清々しさに浸れる世界観が好き。 #読書好きな人と繋がりたい #読了 pic.twitter.com/r2MZhwQkfJ

柚子の花咲く、読了。ひたむきでまっすぐな人々が素晴らしかった。師弟愛、青春、ミステリーと盛りだくさんだったけど、ラスト20ページぐらいからの盛り上がりに興奮しまくった。

◆『蜩ノ記』

豊後羽根藩の檀野庄三郎は、家老により、切腹と引き替えに向山村に幽閉中の元郡奉行戸田秋谷の元へ遣わされる。秋谷は七年前、前藩主の側室との密通の廉で家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。だが、秋谷の清廉さに触るうち、無実を信じるようになり…。

葉室麟著直木賞受賞作「蜩ノ記」を読む。期待にたがわぬ重厚な傑作。敗者・弱者目線の時代小説を目指す著者の面目躍如。

葉室 麟「蜩ノ記」を読みました。3年後の切腹を覚悟を持って受け入れ、凛とした態度で日を過ごす主人公秋谷の生き方がかっこよく、静かな緊張感をもって話がすすみます。そして終盤、堰を切ったような急展開へ…最後まで神々しいまでの潔さと武士の魂、そして家族愛を見せつけてくれた傑作でした。

◆『散り椿』

かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われた。18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立と藩内に隠された秘密だった。

『散り椿』読み終わった。 夫婦愛や、静かに移ろう季節、胸がキュッとなる切なさが良かった。葉室麟さんの世界にどっぷりと浸ることができる、読み応えのある傑作です。 終盤からは涙腺崩壊。 読み終えた後の、切ないけれど凛とした雰囲気が、なんとも言えない気持ちにさせてくれました。

葉室麟著「散り椿」が、素晴し過ぎたでした。葉室さん一番の傑作だと思うし、今年読んだ本で、今のところ個人的なベスト1でした。まさに「散り椿」のごとく生きた者たち。「椿」ではなく、「散り椿」。タイトルと読後の余韻が、これほどピッタリくるなんて。蜩ノ記も良かったけど、散り椿は、絶品。

◆『螢草』

早くに両親を亡くし十六歳で奉公にでた菜々だったが、主人の風早市之進が無実の罪を着せられてしまう。驚くことに市之進を嵌めたのは、無念の死を遂げた父の仇敵だった。風早家の幼き二人の子を守るため菜々は孤軍奮闘し、一世一代の大勝負にでる。

螢草 #読了 人情、仇討ち、剣劇、ほのかな恋情が込められたビルドゥングスロマンでありながら、極上のエンタメ小説 主人公の幼なじみの宗太郎の優しさが地味に染みた pic.twitter.com/A8lyJovy88

螢草読了! ラスト……最高としか言えないよこれは

◆『春雷』

怨嗟渦巻く豊後・羽根藩。新参の多聞隼人が“覚悟”を秘し、藩主・三浦兼清を名君と成すため、苛烈な改革を断行していた。そんな中、一揆を招きかねない黒菱沼干拓の命を、家老就任を条件に隼人は受諾。難工事に着手する。だが城中では、反隼人派の策謀が…。

葉室麟さんの「春雷」を読了。「蜩ノ記」「潮鳴り」に続く羽根藩シリーズの第三弾‼︎仇を討ちながら、改革も断行する鬼と呼ばれた男の話。読み応え十分。 pic.twitter.com/xOLVtcZkwu

1 2