1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

確率の問題で出題ミス…?今年のセンター試験数学1Aが難しい

今年のセンター試験の数学1Aが難しい。箱ひげ図、循環小数とn進法が話題。確率の問題に「同様に確からしい」の記述がない。出題ミスと言う声も出ている。

更新日: 2020年01月19日

4 お気に入り 71115 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

数学1Aの『箱ひげ図』が長すぎ

数学1Aこれでてきた時笑いそうになった 箱ひげ図の数史上最多だろ pic.twitter.com/EKkYh6awVD

1ページ丸々箱ひげ図で埋まってるのは問題どうこうの前に見た瞬間ふぁ?ってなる笑 #数学1A

センター数学1Aで1ページに箱ひげ図47個出てたのを見て狂気を感じた

話題になってるセンター試験数学1Aの箱ひげ図の問題も東大受験した人はみんな解けているものなのだろうか

どうやらセンター数学1Aのデータの分析で箱ひげ図が47個?並んだ図が出てきたらしいですね 中の人は所詮一人の大学生でしかないですし勿論専門家でもないので下手に断定的な意見を言うのは避けますがやはり新傾向問題には少し違和感を感じる点が若干ありますね

確率の問題で「同様に確からしい」の記述なし!出題ミスか?

「同様に確からしい」とは「同じように起こる可能性がある」という意味です。

たとえば10円玉を投げるとき、表が出るのも裏が出るのも同じ程度であると期待されます。

表の出る確率も、裏の出る確率も、2分の1になる。

センター数学1Aの確率、表裏の確率が書かれてないから出題ミス説出てるけどマジ?

数学1Aのやつ文系の俺からしたら、コインの確率なんて普通に考えたら 表と裏で½—しか思いつかないんだが。 こういうのも含むってこと? #センター試験 #センター試験2020 pic.twitter.com/JphEdBJ8yp

大学入試センター「数学1A、第3問においてコインの表と裏が出る確率は同様に確からしい旨の記載がありませんでした。そのため第3問を選択・回答した受験者全員に20点を付与します。」

実は毎年書いていなかった…

去年の数学1Aの確率の問題もさいころの出る目の確率同様に確からしいって表記ないから多分大問3全部満点とかないやろ。あんま根拠ない情報信じるなよ〜〜〜〜〜〜〜 pic.twitter.com/oSi8rM5vSq

センター数学1Aの確率の問題、コインの表裏の確率が同様に確からしい記述がないから出題ミスだとか20点加点だとか言ってる人がいるけど、それは毎年そうなんだよなぁ 書くべきなのは間違いないけど…… pic.twitter.com/8AmLyMPZlb

数学1Aの確率で議論してる人達へ 「入試では問題文に断りがない限りコインの裏表のどちらが出るかさいころで1~はかのどの目が出るかなど1個のモノに関して起こり得ることがすべて対等だとみなせるような場合はそれらは同様に確からしいとします」 大学への数学2018年3月号(臨時増刊)

循環小数とn進法?

循環小数とは、ある桁から先で同じ数字の列が無限に繰り返される小数のことである。繰り返される数字の列を循環節という。

N進法とは、数の表現方法の一種で、あらかじめ定められたN種類の記号(数字)を列べることによって数を表す方法である。

日常では10進法をつかっている。コンピューターでは二進法、八進法、十六進法が使われている。

数学1A、循環小数、センター数学とかいう地獄みたいなトレンド

数IAの整数の性質の所、どーせ出るの不定方程式やろ!wとかやって山はってたら循環小数とn進法の組み合わせの問題でて死んだ

循環小数に7進数とかラーメンの上に味噌カツと唐揚げみたいなボリューム

1 2