1. まとめトップ

マジか「聖火リレーは防護服で!賛成!」白石草氏の放射脳発言がもはやヘイトスピーチレベル

韓国の団体による「東京放射能五輪ポスター」にジャーナリスト白石草氏がいちはやく賛同しました。聖火リレーは防護服で走るべきだそうです。日々の努力で少しずつ復興の道を進む福島を思うとその無神経さに苛立ちしかありません。もはやヘイトスピーチ。

更新日: 2020年01月21日

0 お気に入り 244 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

韓国の団体による「東京放射能五輪ポスター」にジャーナリスト白石草氏がいちはやく賛同しました。聖火リレーは防護服で走るべきだそうです。日々の努力で少しずつ復興の道を進む福島を思うとその無神経さに苛立ちしかありません。もはやヘイトスピーチ。

▼悪意のかたまり!韓国の団体「VANK」謹製の東京放射能五輪ポスター

韓国の日本大使館の壁に貼られたポスター。そこに描かれていたのは、防護服に身を包んだ聖火ランナー。トーチには不気味な緑色の炎が描かれている。

韓国のメディア(聯合ニュース)によるとこれは聖火リレーのパロディーで、“放射性物質を運搬する様子”を描いたものだという

「来ないでください」「真夏の日本、望み通り防護服で来てみろよ」など日本中から大ヒンシュク。

▼そんな嫌がらせポスターに賛同したのはジャーナリスト白石草氏

「双葉町や大熊町のコースは防護服を着るべきだと思います」

双葉町や大熊町のコースは防護服を着るべきだと思います。 東京五輪を防護服聖火ランナーで揶揄 ソウルの日本大使館にポスター sankei.com/world/news/200… @Sankei_newsより

もろ手をあげて…賛同!!!

福島原発事故被災地は復興努力が少しずつ実り、避難指示解除エリアを広げつつある

事故前通りとはまだいかないが、
それでも少しずつ復興は進んでいる

目が覚めて、解除されたことを実感した。妻はまだ会津若松市の仮設住宅に身を寄せている。「暮らしが急に変わるわけじゃないが気持ちは晴れ晴れ」と笑顔を見せた。佐藤さんは、庭にチューリップなどを植え、戻ってくる人を迎えるのを楽しみにしている。

出典大熊町の一部で避難指示が解除 住民「気持ち晴れ晴れ」 東日本大震災8年 2019年4月10日 9時57分|朝日新聞

福島県大熊町の南部に位置し、原発事故による避難指示が4月に解除された大川原地区で13日、田植えが始まった。田植えは指示解除後初めて。

 大熊町産業建設課によると、町役場の職員ら20人余りが、町民が所有する約1600平方メートルの水田にコシヒカリやもち米の苗を手作業で丁寧に植えた。

聖火リレーコースは2018年の春に避難指示が解除され、800人もの人々が普通に暮らすエリア

【デマ注意】【風評加害者】大熊町の聖火リレーコースは昨年春に避難指示が解除された大川原地区です。普通に800人以上が住み、今も住宅や店舗の建設が進み、復興や廃炉に関わる人達が働いている場所です。勿論、防護服など着ずに。また双葉町は聖火リレーコースになっていません。#白石草 @hamemen pic.twitter.com/O7pEmdlO0Y

@arthurclaris @hamemen 昨年初夏の大熊町のダムです。ここを含め自由に人が歩ける場所で防護服を着ている人は誰も居ません。 防護服を着る必要があるなどとデマはやめてください pic.twitter.com/yHDfdEoYdG

当然ながら白石氏、大炎上!「おまそれ福島で言えるんか」

@hamemen @Sankei_news こそこそとtwitterなどで呟かなくて、 福島県下や、 今でも被爆した方達(風評被害経験者)が沢山住んでおられる 広島や長崎市内の街頭でも同じことを主張したら❓ さぞ、大歓迎されると思うよ ところで、貴方の主張の目的は何なの❓ まさか、言いっぱなしで後は知らんではないでしょうね

@hamemen @Sankei_news 線量に全く問題無いのにあたかも線量に問題があるかのようにデマを吹聴して福島県を貶めて何がしたいんですか? 着るべきと思うならご自身だけ勝手に着てください。 福島 線量マップを見れば問題無いことが分かります。 pref.fukushima.lg.jp/site/portal/

▼「白石草」って、どなたさん?⇒反原発の人権派ジャーナリスト⇒ああ…(察し)

ビデオジャーナリスト
で特定非営利活動法人『OurPlanet-TV』共同代表。

⇒甲状腺がんをめぐる放射能デマをせっせと拡散

「福島で甲状腺がんが増えた!」⇒根拠はあやしい

癌!増えた!やっぱり原発!となりがち。
ちょっと待って。落ち着いて。

白石草さんらOurPlanet-TVをはじめとする知識人が過剰に見積もった放射性物質による重大な被害に関する予見は概ねデマと言っても問題がないぐらいガセネタであったこともまた事実

福島で甲状腺がんが増加していると白石草さんらOurPlanet-TVでは喧伝していましたが、そもそも原発事故前の甲状腺がんの発症率が調査されていなかったのに、自覚症状のない調査対象者をかき集めてきて「230人の甲状腺がん疑いが見つかった」と発表したところで何の価値もない

福島県内で確認された甲状腺ガンの患者と原発事故に因果関係はないと言えるかと言いますと、患者の発生率が他の地域と変わらない

他県と比較して甲状腺がんの発生が突出しているわけではないそうです。
http://vox.hatenablog.com/entry/2020/01/13/174450

「甲状腺がん検査を子ども全員に!」⇒過剰診療につながる可能性が高く、むしろ人権侵害

1 2