1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ラガモさん

10キロ増も“ダイエットしない”

1975年12月8日生まれ、大阪府出身のシンガー・ソングライター

「美容とか自分のメンテナンスそっちのけ」で子育てや家事に奮闘した結果、10キロも増量してしまったようです。

しかし、無理にダイエットすることは避け、体を引き締めながら「ぼんきゅっぼん」な体形を目指していきたいと伝えています。

MINMIさんは、「こういう時、自己嫌悪で即席のダイエットしてたけどリバウンドも嫌だし」と回顧しながら、若いころと違い「大人は痩せるとハリも減る」とコメント。

AKB48デビュー時から最大20キロ増も、1月27日に書籍発売

西野:デビューのときは37キロだったんですよ。だけどサマスタに最初に出る前は最大56キロだったので20キロくらいかな。

昨年3月にベストボディを競う大会「サマー・スタイル・アワード 2019」に出場

西野:極端に減らしたり増やしたりしないで健康的なご飯を食べて「食べたい!」みたいな脳の麻痺をとりあえず直そうと。

運動は週1、2回くらいの筋トレと有酸素を続けて、ストレッチで綺麗な体にしていこうと思います。

運動嫌い、食べるの大好き……「デブ思考」の未姫ちゃんがパーソナルトレーナーと共に考案した、ゆるゆるトレーニングと、独創的なレシピの数々。

西野考案の「奇跡の満腹ダイエットレシピ」「美デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法ボディをつくる筋トレ」なども収録される。

一方、激太りしている場合じゃない

時間が空いたので、ジムに行った。 棚橋くんがジムに来ていた。 挨拶を交わしてトレーニングを始めた。 しばらくして 棚橋「合同トレーニングお願いします!夢だったんです‼︎」と 久しぶりのトレーニングに筋肉が悲鳴をあげているが…アイドルと言ってくれる棚橋くんに負けるわけにはいかない‼️ pic.twitter.com/3NsrLBXkFc

18日、自身のインスタグラムを公開し、小橋建太氏との“合同トレ”の様子を公開した。

「エネルギーがすごい!モチベーション上がりました」と刺激を受け、「激太りしている場合じゃない」と肉体美を取り戻すことを誓った。

1 2