1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

上白石萌歌が殺人犯役『ファーストラヴ』も!2月の「SPドラマ」が楽しみ

2020年2月に放送されるスペシャル(SP)ドラマも多彩。『私刑人~正義の証明』、『庶務行員・多加賀主水4』、『ファーストラヴ』、『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』、『シューカツ屋』。

更新日: 2020年01月28日

7 お気に入り 9970 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『私刑人~正義の証明』(9日、テレビ朝日)

遠藤憲一主演で森村誠一「正義の証明」ドラマ化、私刑人と警察の攻防描く(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3640… pic.twitter.com/h2Uygnxrsu

「人間の証明」をはじめとした“棟居刑事シリーズ”や「駅」「終着駅」などの“牛尾刑事シリーズ”で知られる作家・森村誠一氏の小説「正義の証明」を約9年ぶりにドラマ化。

法で裁かれない犯罪者を制裁する“私刑人”と、それを追う警察の攻防を描く本作。遠藤は、“私刑人”を追う元SPの警察官・松永祐一郎を演じる。

松永のSP時代の後輩で、現在はタクシー運転手をしている江崎哲平役で北村有起哉が出演。与党・民自党の幹事長で次期総理大臣候補の筆頭と言われる龍岡泰邦に、竹中直人が扮する。そして“私刑人”の事件を追う週刊誌記者・吉尾恵美役で内山理名が出演した。

濱津さんのヒゲがない!このドラマのことだったのか!→遠藤憲一主演で森村誠一「正義の証明」ドラマ化、私刑人と警察の攻防描く(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3640…

◆『庶務行員・多加賀主水4』(16日、テレビ朝日)

\情報解禁/ #高橋克典 主演、ドラマSP「庶務行員・ 多加賀主水4」2月16日(日)よる9時放送決定‼️ 連続放火事件発生❗️犯人は狐面の男…⁉️その正体とは❓冴えない銀行員に疑惑が集まるが…⁉️ 背後にうごめく黒い陰謀とは…❓主水が衝撃の真相を暴き、街の人々のお金と心を救う❗️ pic.twitter.com/dX3zrgE5mB

高橋克典が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『庶務行員・多加賀主水4』が、2月16日(後9:00 ~ 11:05)に放送される。高橋が銀行の“雑用係”という異色のヒーローを演じる人気ミステリーシリーズ。

第4弾となる本作では、主水のトレードマークでもある狐の面を付けた放火魔が出現したことから、主水が真相究明のために奔走する。

高橋が主水、夏菜が彼を手助けする行員・生野香織を演じるほか、風見しんご、庄野崎謙、加藤雅也、高島礼子が出演し、市毛良枝、岡田義徳らがゲストとして参加する。

多加賀主水、もう次やるのね。人気でてきたのかな。1年ぐらいの周期だった気がするけど。楽しみだ。

2月16日(日)21:00~の『庶務行員・多加賀主水4』ゲストに 岡田義徳さん・小木茂光さん・佐戸井けん太さんとかざわつく予感しかしない(^_^;) #庶務行員多加賀主水 #日曜プライム

◆『ファーストラヴ』(22日、NHK)

第159回直木賞を受賞した島本理生の『ファーストラヴ』が、NHK BSプレミアムにて特集ドラマ化、女優の真木よう子が主演を務める。

公認心理師の主人公・由紀が、父親を殺した女子大生・環菜のルポを書くために彼女と向き合っていくさまが描かれる。

真木が由紀を演じ、上白石萌歌、平岡祐太、黒木瞳がキャストに名を連ねた。脚本はドラマ「初めて恋をした日に読む話」の吉澤智子が担当する。

「ファーストラヴ 」北川景子様で映画化決まったと思ったら、真木よう子様でドラマ化するのか!同じタイミングで実写決まるって珍しい!迦葉役、ドラマは平岡祐太さん〜!平岡さん好き〜!ハンサム〜!映画は誰だろうな〜

真木よう子主演で「ファーストラヴ」ドラマ化、上白石萌歌、平岡祐太、黒木瞳も出演 - 映画ナタリー natalie.mu/eiga/news/3574… 今から楽しみ♥️ #真木よう子

◆『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』(24日、テレビ東京)

✨笑福亭鶴瓶「斗真がおってよかった」、✨生田斗真「役者・鶴瓶に会ってみたかった❣️」「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」2020年放送 #笑福亭鶴瓶 #生田斗真 #アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理吉田茂~ moviche.com/contents/news/… pic.twitter.com/s4Ql7kxfPk

ドラマは麻生和子著「父 吉田茂」(新潮文庫刊)を原案に、混乱を極めた激動の時代に戦後日本の復興へ命を懸けて邁進する吉田茂と周囲の人物たちの奮闘を、娘・和子の視線から描くヒューマンドラマ。

吉田茂を鶴瓶が、吉田の右腕として日本の独立・復興のために奔走し、米国から“従順ならざる唯一の日本人”と呼ばれた白洲次郎を生田が扮し、本ドラマの原案となった『父 吉田茂』の著者でもある吉田茂の娘・麻生和子役を新木優子が演じる。

「吉田学校」の代表格で、吉田内閣で初当選し大蔵大臣の大役を任された池田勇人を佐々木蔵之介、池田から厚い信頼を受けていた宮澤喜一を勝地涼、「吉田学校」のもう一人の代表格・佐藤栄作は安田顕が。

1 2