米当局は13日、中国の支援を受けたハッカーが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法やワクチンに関する研究成果や知的財産を盗もうとしているとして、研究者らに対し警鐘を鳴らした。

 米連邦捜査局(FBI)と米サイバーセキュリティー・インフラセキュリティー庁(CISA)は共同声明で、新型ウイルスの研究を行っている組織に対し、中国が実施したとみられるサイバー攻撃について警告。「こうした行為者は、COVID-19関連の研究と関わりのあるネットワークや人物からワクチン、治療法、検査に関する貴重な知的財産や公衆衛生データを特定し不正入手しようと試みていることがわかっている」と述べた。

出典中国、コロナ研究の窃盗試み 米が警鐘(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界中へと感染し猛威を振るう「新型コロナウイルス」 何を知り、どう対策をするべきか?

中国・湖北省武漢市の市場が発生源とされる「新型コロナウイルス」は中国のみならずタイや香港、シンガポール、台湾、日本、米国と世界中に感染を拡大し猛威を振るっています。風邪から重症の呼吸器疾患まで呼吸系感染症の原因となるコロナウイルスについて日々の情報から知識や対策を講じる必要があります。

このまとめを見る