中国では数か月にわたるロックダウン(都市封鎖)と移動制限により流行をほぼ封じ込めたが、北東部の複数の省と中部武漢(Wuhan)市では集団感染(クラスター)が発生し、第2波への懸念が高まっている。

 約750万人の人口を抱える遼寧(Liaoning)省瀋陽では11日、89日ぶりとなる地元住民の1人の新規感染が、14日にはさらに住民2人の感染が報告された。

 市政府は14日、新規感染者らが約500キロ離れた隣の吉林(Jilin)省舒蘭(Shulan)市で起きた集団感染に関連していることを確認。

 4月22日以降に吉林省から到着した約7500人、および地元の感染者3人と濃厚接触した人々には、21日間の隔離と3種類の核酸検査の実施が義務付けられた。

出典中国北東部の瀋陽市、3人が新型ウイルス感染で7500人を隔離(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界中へと感染し猛威を振るう「新型コロナウイルス」 何を知り、どう対策をするべきか?

中国・湖北省武漢市の市場が発生源とされる「新型コロナウイルス」は中国のみならずタイや香港、シンガポール、台湾、日本、米国と世界中に感染を拡大し猛威を振るっています。風邪から重症の呼吸器疾患まで呼吸系感染症の原因となるコロナウイルスについて日々の情報から知識や対策を講じる必要があります。

このまとめを見る