1. まとめトップ

実はしっかり者!りゅうちぇるから学ぶ名言

りゅうちぇる名言まとめ

更新日: 2020年01月22日

3 お気に入り 1552 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tamura03さん

個性的なだけに好き嫌いが分かれてるりゅうちぇる。
ですが、現在は一児の父親となってしっかりしてきたように感じます。
自分を貫く姿勢も素晴らしいですね。

育児にも積極的とあり、理想のパパと言われてるほど。
批判は未だにありますが、彼の家族を大事にしてる姿勢は本物だと思われます。
それだけに彼を支持する人も増えているのでは。

批判されるのは人生で初めてのことじゃない。家族が出来て子供が出来ても、偽りの自分に慣れたら人に何も教えられない。

この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。
なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように。

絶対可愛いパパでいる。
人に何を言われても自分がしっかりしていれば大丈夫。

それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました。
こんなに偏見のある社会どうなんだろう。
仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。

人の名前でいじめるような子にリンクはしないし、僕たちも人の見た目や名前で人を判断する子には絶対しない。
キラキラと言われても、リンクの中身を見て友達になって、愛してくれる子が現れるようにリンクを育てたい。

男らしいとか言われて傷ついたはずなのに、なんで自分たちも逆の立場に名前をつけて世界を変えていこうとするんだろう。

毎日が辛い方はぜひ、心の中に僕を飼うと人生が少し楽しくなるよ❤️
あなたが失敗したときに、
心の中から僕が言うの
「え〜仕方なくな〜い?何も悪くなくな〜い?てか髪染めた〜い」

❤️ぜひ試してみてね❤️

よく男性は翌日仕事があるから、夜泣きの間は寝室は別で、という話も聞きますよね。
僕は、やっぱり2人の子どもだから、すべてぺこりんにおまかせしますということはできない。
嬉しいことも、辛いこともシェアして当たり前だよね、という感覚で育児をしています。

男性に対するイクメンと同じような言葉がママに対してもあればまだいいかなと思うのですが、パパがママと同じことをしたらイクメンと褒められるのは違うかなと感じます。

リンクには、どんな時でも自分を愛せる子になってほしい。
同性愛の方だったり、色んな方がいるけれど、馬鹿にされるかもしれないと思ったり、コンプレックスがあったりしても、自分の色を守れるようになってほしいんです。

高校からはSNSも始めて、沢山の方がフォローしてくれたり、ファンの子もできたので、「分かってくれる人がいる」ということが自信にもつながりましたね。

好きな人や子供のためなら、今までやらなかった仕事も無理のない範囲で挑戦してみようって思えるようになりました。

いつだって「自分らしさ」を思い出せて、素のままの自分でいさせてくれた。
忙しさを乗り越えられたから、「この人となら絶対、一生一緒にいられる」って思えたの。

ぺこりんと初めて会った瞬間、「この子は絶対に、どんな場所にいても、しっかり自分を持ってる子だ」ってわかった。

まわりからは「若いのによく結婚したね」って言われるけど、自分の心を外へ発信してたからこそ、10代で「ビビッ」と感じる人に出会えた。

自分を偽ってると、本当の僕を知らない「ウソの友達」ばっかりできる。
結局、無理して合わせても、マジで面白くないなって思って。

電車がないんですよ、僕の地元。
なので、最初はなんだろメトロって?飛ぶのかな?って思ってた(笑)

もちろん喧嘩もいっぱいしたけど、お互いに疑問を感じた時はちゃんと話し合って解決することを心がけていました。
それで喧嘩は次の日に持ち越さない。
なあなあにすると、また同じことで言い争いになっちゃうから。

僕は付き合った当初からこの人しかいないと思っていたし、家族や身近な事務所のスタッフさんも賛成してくれていたし、逆にプロポーズしない理由がなかったくらい(笑)

こんなパパがいてもいいって意味で自分が存在しなきゃと思ってるけど、意外と男らしいところもあるんだねって言われたら、それは嬉しいの。

お互いめちゃめちゃヒマなときに出会って、いつも一緒にいるようになって、同棲して。
そのうち仕事が急に忙しくなって、2人の時間が減ってしまってケンカしたり、ピリピリしたりもしたけれど、それでも頑張れたのはお互いの存在があったからだと思う。

僕が話し合い大好きだから、「あー、もういい!」ってほったらかすんじゃなくて、とりあえずケンカ中でも近寄る(笑)

1 2 3