結婚・出産願望のある女性が、せっかく高い費用をかけて卵子凍結したとしても、お相手となる男性の主義によっては宝の持ち腐れとなってしまうことがあるのも事実。
それを考えると、資金はお見合いやエステなどの“婚活資金”に充ててできるだけ若いうちに結婚することを最優先し、妊娠が難しかったときの選択肢として卵子凍結を考えるのが、現実的で賢明な選択なのかもしれません。

出典100万円の投資が全部ムダに? 「卵子凍結」前に知っておきたい相手男性の本音|ウートピ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

最近は珍しくもない?!卵子凍結する女子たちとその実情まとめ

2013年に日本での卵子凍結が可能になって以来、注目が集まるようになった『卵子凍結』。もっと早く知っていたら…と悔やむ女性も少なくありません。将来の選択肢のひとつとして考えるきっかけになればと思います。

このまとめを見る