1. まとめトップ

「どこに嫁に行ったと思って」…メーガン妃に芸能人から様々な声

英国王室の公務から退くヘンリー王子と妻・メーガン妃などに芸能人から様々な声をまとめ。安藤和津、松本伊代、安藤優子、高橋真麻アナウンサー…

更新日: 2020年01月22日

2 お気に入り 72343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●2018年にヘンリー王子と再婚したメーガン妃

母親はアフリカ系アメリカ人、父親はオランダ・アイルランド系

2018年5月にウィンザー城で開かれたメーガン・マークルとヘンリー王子の結婚式では、アフリカ系アメリカ人の司祭が説教をし、ゴスペル聖歌隊が歌った

●メーガン妃の前夫・エンゲルソン氏も再婚した

トレヴァー・エンゲルソンと交際し、2011年9月10日に結婚したが、2013年5月に別居、同年8月に離婚した

●2020年、ヘンリー王子とメーガン妃夫妻が英王室の公務から退く

ヘンリー王子(35)は19日、ロンドン市内でスピーチし、自身と妻メーガン妃(38)が英王室の公務から退くことになったことについて「他に選択肢がなかった」と述べた

●ヘンリー王子がカナダに到着、新しい生活を始める

英王室からの離脱が決まったヘンリー王子が21日、カナダで妻のメーガンさんと息子のアーチー君に合流

一家はカナダで新しい生活を始める予定で、カナダのトルドー首相は先週、警護費用をどこが負担すべきかについて協議を続けている

●イギリスの大衆紙「サン」が世論調査を発表した

大衆紙「サン」の世論調査では、2人の経済自立は「恐らくできる」は37%、「恐らくできない」が46%だった

ヘンリー王子の好感度は、71%から55%にダウンし、メーガン妃の好感度も55%から38%に急落。「メーガン妃は嫌い」の回答は、35%から49%にハネ上がっている

●2人の関連グッズも暴落しているという

ウィンザー城近くにある土産物店では彼らに関するグッズの価格が暴落しています。マグカップも半額近い値引き

▼ヘンリー王子の妻、メーガン妃に様々な声をまとめ

●メーガン妃の父が娘の決断に否定的なコメントを発表

メーガン妃の父トーマス・マークル氏(75)はBBCテレビのインタビューで「王室を壊し、品位を下げ、陳腐化しようとしている」と痛烈批判

「結婚した時、2人は王室の一員となり、王室を代表する義務を負った。それを放棄することは愚かなことだ」

娘の決断を「全ての女の子が夢見るプリンセスの立場を、金のためになげうってしまおうとしているように見える」とこき下ろした

1 2 3