1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

豚の生態についてまとめました。意外と知られていない生態があります。

black08ggさん

▼私たちは豚についてどれくらい知っているだろうか?

豚を実際見たことがない人にとって、豚の大きさというのも良くわからない場合が多いようです。

■豚の体

鼻:

長く伸びて、細く突き出しています。鼻の先端は切り落とされたような形で、その表面は鼻鏡(びきょう)となり、いつも湿っています。鼻鏡には2つの鼻孔があり、鋭い嗅覚(きゅうかく)をもっています。この鼻で地面を掘り起こし、エサを探すこともあります。

皮膚・被毛:

皮膚は一般に厚くなっています。特に肩から背中にかけて厚く、昔は竹刀(しない)の鍔(つば)に使われたほどです。被毛はごつごつした剛毛で、特に背中はたてがみ状の長い毛が生え、ブラシの原料に使用されることもあります。

歯:

左右あわせて44本です。切歯6本、犬歯2本、前臼歯(ぜんきゅうし)8本、後臼歯6本からなります。豚の犬歯は一生伸びつづけますので、ケガをしないよう生後まもなく切除します。

肢蹄(してい):

四肢(前足と後足)は豚の体格に比べると短小です。人の手は第1-5指からなりますが、豚は第4指まであります。豚では体の重心が第3指と第4指にかかるため第3指と第4指が強大です。第1指は退化し、第2指と第3指は地面より高い位置にあって副蹄(ふくてい)と呼ばれています。

初めて豚を見た人は意外な豚の大きさにびっくりすることが多いようです。現在日本で飼育さている多くの豚は100~200 kg以上の体重なる大型や中型の種類の豚です。

豚は太っているもの、というイメージもあると思いますがすべてが丸々とした豚というわけではなく、首や足が短いことから太っているように見られがちですが、以外にスマートな体つきの豚の種類もいます。

■食べ物

彼らはその土地、季節ごとに採取できる食べ物に適応し、例えば春は草などを食べ、なくなれば根っこや球根や木などを食べ、秋から冬はどんぐりや果実、ナッツなどを食べるために森に入っていきます。きのこを食べたり、味覚は高度に発達しています。
主には植物を食べますが、ときに、ミミズ、昆虫、両生類、爬虫類、げっ歯類、、腐肉を食べて、食べ物を補っています。
猪よりも豚は動物性食品の消費量は4%少ないといわれています。

■習性

①住む場所について

猪と同様に主に森林に住み、どんぐりやナッツ、きのこなどなんでも食べる。優れた嗅覚と、穴を掘りが得意な鼻を使って、隠れた食べ物を探しだします。
湿地や沼地を好み、水場と泥のある場所にアクセスできる場所に好んで住んでいます。

②嗅覚

豚の持つ能力の中でもっとも知られている力が、嗅覚です豚が持つ鋭い嗅覚で、土の中に埋もれているトリュフを探し当てるのは有名ですよね。

このトリュフには豚のフェロモンに含まれる成分と同じも野が入っているからなのですが、それ以外にも、母豚は自分の子供の匂いを、子豚は自分の母豚の匂いをかぎ分けることができます。

この嗅覚を使う鼻は、鋭い嗅覚のため神経が沢山集まっているので、鼻を強い力でつかまれたりすると動けなくなることがあります。

③社会性

豚はとても社会的な動物で、母系の小さなグループを作ります。その群れは2~6頭の母豚とその子どもたちで構成され、さらにその小グループが緩くネットワークを作ることもあります。

とても穏やかで、グルーミングをしたり仲間と密接な接触をしています。夜は巣で一緒に眠り、大人は草や枝などでその寝床を新鮮なものに保ちます。
互いに鼻を接触させることで挨拶をします。採食や探索をしながら仲間の行動を見て学習をし、声で常に互いの行動を認識し合います。声は20種類以上の声を使い分けているといわれています。

嗅覚はコミュニケーションにも役立っており、フェロモンを唾液や尿に分泌させ、ニオイを放出することで、コミュニケーションをとることが出来ます。
相手が見えなくても尿や体臭で見分けることができます。そのすぐれた嗅覚は、自分の子供とはぐれないためにも役に立っています。

④知能

ブタはイヌよりも知能が高く、サルなどの霊長類に匹敵するくらい賢いことが分かっています。

ペンシルベニア州立大学の研究者は豚がコンピューター画面でカーソルを動かすことで、単純なマッチングゲームをプレイすることができることを発見し、タスクを学習するために霊長類と同等の能力を発揮することを実証しました。

ケンブリッジ大学のドナルドブルーム教授は豚は犬よりも洗練された認知能力を持っており、確実に人間の3歳児より賢いと述べています。

1 2