1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

給食中におしゃべりしてはいけないらしい・・・

聞こえてくるところによれば、規則の一つとして、「黙食」というのがあるのだそうです。

そう、給食の時に、おしゃべりをしないで食べることが要求される規則が「黙食」なのだそうです。

残さず食べきり、栄養を十分とらせる・食べ物を大事にする気持ちを育む・食事マナーを定着させる・そしゃくの推進など、盛りだくさんの狙いがあるそうです。

もぐもぐタイムとは・・・

もぐもぐタイムといえば、2018年冬の平昌(ピョンチャン)五輪で銅メダルに輝いたカーリング女子選手の試合中のおやつで有名だが、実は近年、学校給食では定番の取り組みのようだ。

広島市立の全142小学校にアンケートしたところ、回答した106校のうち、給食中に私語をしない時間を「設けている」「一部の学年、学級で設けている」としたのは、71.7%の76校あった。

低学年を中心に5~10分間とする学校が目立ち、「かみかみタイム」「ぱくぱくタイム」など呼び方はさまざま。

私語禁止の理由は「脱ゆとり」も関係か

また時間ロスの観点から、授業中のように全員が机を前に向けたまま食べると言う学校も。

その間に食事を済ませて配膳・後片付けを済ませなければいけないし、児童は昼休みで遊びたい気持ちでいっぱいのはずです。

給食の時間内に食べきれない子どもがいるというのもあるので、おしゃべりや友達とわいわいふざけあう時間がなければ、食べきれる可能性は高まりますよね。

この取り組みにネットでは賛否両論あるようだ

もぐもぐタイムいいと思う。給食の時間全部じゃなくて10分なんだから。これないと低学年は時間足りない #グッとラック #ぐっとラック

お喋りし過ぎな子を指導すればいいじゃないか。こんな無言で給食食べてつまらないよ #もぐもぐタイム

もぐもぐタイムは残飯減らすためって聞くと、楽しみ剥奪!っていわれちゃいそうだけど、「残飯減らす=子どもたちの成長に必要な栄養素がとれるようにする」ってことだからね。 今は家庭の食事が崩壊してる子も多いから給食で出来るだけ食べさせたいんだけどねぇ。そんな気持ちは伝わらないようだ。

ごはん作る人なら、少しでも温かいうちに食べて欲しいって思いません?配膳に時間のかかる給食ならなお更。 #もぐもぐタイム を後半にもってくるのも案でしょうが10分経ってから食べるより、先に味わってほしい 子ども為の楽しみだけでなく、材料を作った人、調理してくれた人にも思いを馳せてほしい

食事中って基本おしゃべりする時間ではないのでは? それに給食を時間内に食べ終わらなければ子どもの昼休みが短くなるわけだし。 先生が楽するために設けてるというのは現場を知らない人が勝手に言ってることに感じる。 #もぐもぐタイム #グッドラック

子供達の給食の時間私語禁止。もぐもぐタイム導入。本当にやめてほしい。給食の時間の楽しみが刑務所みたいになってしまったら終わりだ。飲食に携る仕事して、こんな事地獄。 #もぐもぐタイム #絶対あり得ない

食事のマナーは、本来なら家庭で教育するものという意見も

給食のもぐもぐタイムの件、意見が極端なんだよねー。 マナーを教師が教えるって、元々家庭で教える事だしなぁ。 10分間の事だし、黒か白か、じゃなくて、柔軟に……。

#もぐもぐタイム を導入せざるを得ないくらい、喋るのOKになれば残飯は増え、椅子から立ち上がりすごいことになります。 また、それをダメなことと教えるのが教育と言っていたけれど、椅子から立ち上がらないとかそういうマナーをおしえるのは家庭では?? #グッとラック

何でもかんでも教師の仕事にするのはどーかと…。 そもそも食べ方なんて家庭で教える事でしょう? もぐもぐタイムなんてたった5分…そのくらいどーって事ないでしょ⤴︎⤴︎ なんでも学校の仕事にしないで欲しいな…。 子育てって何なのかしら? もう少し自分の子は自分でみようよ! #もぐもぐタイム

1 2