1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

はじめてつくりました

蜂谷悦詞さん

ウォルト・ディズニーは薬物中毒者?

薬物中毒疑惑

空飛ぶ像が活躍する長編映画作品『ダンボ』の1シーンで、ピンクの像が登場するサイケなシーンがある。幼少期これを見てトラウマになった読者も多くいるだろう。

この「ピンクの像」とは薬物中毒患者が幻覚で見るものとして有名なものであり、そのためこのシーンはウォルトが薬物でハイになっている時に見た虚像を、そのまま絵にしたという説が広まっている。

ただしこれはあくまで有名人には付き物な嘘か真か不確かな噂程度の話であり、一部の人間の根拠なき口伝以上の話ではないようだ。

ウォルト・ディズニーは人種差別主義者?

人種・性差別姿勢

ウォルトが製作したミュージカル映画『南部の唄』は、公開直後から「全米黒人地位向上協会」(NAACP)の激しい抗議を受け続けており、アメリカ本国では再上映やビデオ化が阻止され、「幻の作品」となっている。
しかし、ウォルトに対する「白人至上主義者」、「人種差別主義者」との批判は、彼が死ぬまで浴びせられ続けたものであって、別に『南部の唄』に限ったことではない。ウォルトは『南部の唄』では封切りイベントに主演の黒人俳優を出席させなかったほか、『南部の唄』の以前にもその二年後にも、ミッキーマウスやミニーマウスがアフリカで野蛮で猿のように描かれた黒人を差別的に扱う民族侮辱的な漫画を出版している

冷凍保存説

ある冷凍室でウォルトディズニーが眠っているところを見たことがあるという人がいるようで、そのためにウォルトディズニーが復活する機会が伺われているという話になったようだ。

遺言に従って生き返らせることになっているようだが、実際に本当なのかどうかは不明である。

少なくても現代の技術ではそんなこと不可能に思える部分もあるが、あのウォルトディズニーであればまだ公にはなっていない技術があってもおかしくないのではっていう部分もあるようだ。

実際に復活することがあれば・・・世の中は大騒ぎになるだろう。

1