1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怖すぎる…日産自動車が2~3年で倒産するという噂は本当か

日産自動車に未来はあるのでしょうか。ネットがざわついています。

更新日: 2020年01月23日

12 お気に入り 85037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■日産自動車

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー

1989年から北米市場などで高級ブランドの『INFINITI(インフィニティ)』を展開しているが、2012年に本社機能を香港に移転

大衆車から高級車まで多種類の乗用車を中心に,各種トラック,バスなどを量産している

■この日産自動車が2~3年以内に倒産すると「ゴーン氏」が予想

経済産業省が「日産はこのままではもたない」と発言したと報じられています

■日産は過去にもつぶれかけている。それを立て直したのがゴーン氏

カルロス・ゴーン氏は、倒産寸前の日産にルノーから最高執行責任者として送り込まれた。以後18年間の彼の功績は、数字が如実に示している。翌’00年に社長となった当初、約263万台だった日産の世界販売台数は、’16年に約556万台と倍増

02年に「ルノー・日産BV」(非公開会社)と呼ばれる統括会社を設立し、ルノー・日産アライアンス(連合)という世界に類を見ないマネジメント体制を確立した

■しかし、数字こそよくなったものの、中身は何も変わっていなかった

実態は、新車にかける開発投資を絞り、早く安く、チープなクルマを量産していくこと

ゴーン体制では衝撃的なビジネスの構造改革こそ行われましたが、人的改革は行われなかった

■ゴーン氏がいなくなり以前の日産に戻ってしまった?

日産幹部は「自分の目標に追われるので、全体の利益を見ずに『三遊間のゴロ』を誰も拾わなくなった」と嘆いていた

ゴーン体制がなくなったことはある意味、日産を再び不幸に陥れたように見えます。それは変わらない人的体質が再びむくむくと起き上がってきたことで社内統制が取れなくなるシナリオが生まれるから

社内を掌握できなかったゴーン被告の責任は重いが、彼に責任をおっかぶせて日産の業績低迷をもたらした経営陣の責任も同じく重い

■ネットは「これからの日産」をどう見ているのだろう

日産はゴーンブランドで保ってた。これから実感するんじゃね。もー手遅れだが。

倒産しないで、20年持って、馬鹿な社長を追い出して、リセットできたと思えば良し! これから、もう一度出直せば?  ゴーンは本当の馬鹿だけど。 ゴーン追放で日産が払った大きな代償 newsweekjapan.jp/stories/world/…

日産はそう遠くない未来に経営難になる。 その時は日本政府を含め誰も助けず、良くてヒュンダイ、順当でタタ自動車の子会社になるだろうね。

1 2