1. まとめトップ

『東ラブ』カンチ役に抜擢!「伊藤健太郎」の勢いが止まらない

ドラマ『今日から俺は‼』でブレイク以降、朝ドラ『スカーレット』に出演など大活躍中の伊藤健太郎。新たに春ドラマ『東京ラブストーリー』に主演決定。29年前に社会現象を巻き起こした名作のリメイクで、共演には石橋静河、清原翔、石井杏奈。

更新日: 2020年07月04日

1 お気に入り 13940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆2018年、ドラマ『今日から俺は‼』でブレイクした伊藤健太郎

『今日から俺は‼』

「今日から俺は!!」で幅広い層に知られるようになり、大ブレイクを果たした伊藤健太郎。

元々「健太郎」名義で雑誌・広告モデルとして活動。『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(CX)でドラマデビューしたのち、学園モノなどの様々な作品で10代を中心に人気を博していく。

2017年、女子高生が戦国時代にタイムスリップし武将と恋に落ちるラブコメ『アシガール』(NHK)で、眉目秀麗な若君・九八郎忠清役を好演。スペシャル版が制作されるなど"若君"人気が高まった。

◆昨年は俳優以外でも幅広く活躍

『ZIP!』(2019~)

伊藤健太郎(22)の注目度はグングン上がるばかり。9月27日には主演映画『惡の華』が公開。人気・実力を兼ね備えた、まさに“売れている人”。

俳優業一本に絞っても十分な人気があるにもかかわらず、活動範囲は広い。朝の情報番組『ZIP!』では『伊藤健太郎のZIP!シネマ』コーナーを担当し、深夜ラジオ『伊藤健太郎のオールナイトニッポン0』のパーソナリティも好評だ。

CM界でも引っ張りだこ。ブレイク俳優の“登竜門”JR東日本「JR SKISKI」から、「三井住友銀行」「はるやま」ではフレッシャーズ・スーツ姿も披露。【紅茶花伝】ロイヤルミルクティーTVCM「開発者物語」篇では、ロイヤルミルクティー開発者として熱き思いを抱えた青年に扮している。

◆今年は朝ドラほか出演作が目白押し

『のぼる小寺さん』(2020年6月公開予定)
『今日から俺は!!劇場版』(2020年7月17日公開予定)
『弱虫ペダル』(2020年8月14日公開予定)

出演映画

2020年最大級に贅沢な舞台が、この『巌流島』です。宮本武蔵役に横浜流星、佐々木小次郎役には伊藤健太郎。もうこの組み合わせだけで、これ以上の見どころは説明不要。

◆そんな伊藤が『東京ラブストーリー』に主演する

1991年にフジテレビ月9枠で放送されたドラマ「東京ラブストーリー」が29年ぶりによみがえる。同局の動画配信サービスFODとアマゾンプライムで今春からスタート。新キャストで、設定は現代となる。

伊藤健太郎(22)が、29年前に織田裕二(52)が演じた永尾完治役で主演し、鈴木保奈美(53)が演じたヒロインの赤名リカ役は石橋静河(25)。フレッシュコンビが令和の“東ラブ”を届ける。

カンチの同郷の同級生で医学生の三上健一役は清原翔(26)、カンチが思いを寄せた同郷の同級生の関口さとみ役はE−girlsの石井杏奈(21)。29年前は生まれていない次世代スターたちが、恋愛の“四角関係”を体現する。

◆社会現象を巻き起こした前作 今回は広告代理店が舞台となる

最終回の平均視聴率が32・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。織田と保奈美は同作でスターへと駆け上がり、月曜の夜に街から人が消える社会現象にもなった名作だ。

柴門ふみ氏の漫画が原作。オリジナルの舞台は東京のスポーツ用品メーカーだったが、今作は広告代理店。携帯電話のやりとりなど現代ならではの描写もあるが「名シーン」として語り継がれる、リカの「カンチ、セックスしよう!」のセリフは健在だ。

◆気になるストーリーは?

広告代理店に勤める永尾完治(伊藤)は地元の愛媛支部から東京営業部に転勤。同僚の赤名リカ(石橋)が完治の仕事の面倒を見ることに。

完治は東京にいる地元の同級生・三上健一(清原)から飲みに誘われ、完治が想いを寄せていた関口さとみ(石井)とも再会したが、リカが完治が会社に忘れた財布を届けるために合流。

1 2