1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

私たちの生活に大きく関わってくるお金、無理をせず本当にいらない出費を減らしてお金を守る方法をまとめました。

aros.さん

無駄を減らし本当に必要なものにお金を使う、それが節約

わたしたちはあまり意識しないまま、毎日の習慣で、無駄遣いをしてしまっていることが多々あります。お金を貯める暮らしにシフトチェンジしていくために、小さなステップを踏んで無駄を省いていきましょう。

1.財布にあまりお金を入れない

お金はあまりたくさん持ち歩かないようにしましょう。日常的に使うお財布の中には、自分の行動を考えて最低限の金額をいれるようにします。本当に困ったときにはATMでお金をおろせるように、銀行系のキャッシュカードも一枚入れておくと安心です。

お金があるとつい衝動買いをしてしまいがち、な人にはおすすめです。

2.スマホ代金の見直し

オプション料金の見直し
1つ1つは低額でも、家族でまとめると結構な額になります。毎月の基本料の上乗せになっているため、割引条件期間が過ぎているもの、ほとんど利用していないものを見直して節約しましょう。

格安スマホへの変更
大手キャリアから格安スマホへの変更は、大きな節約効果になります。大手キャリアでWi-Fiや固定電話、メール、決済などを利用している場合には、割引サービスやメールアドレスが使えなくなるため、家族で相談してからの変更となるでしょう。

料金プランの見直し
家族がどういった使い方をしているかを確認し、それぞれにあったプランに変更しましょう。

特に格安スマホ(格安SIM)はプランによりますが4~5000円ほど料金が安くなります。
月5000円安くなるとすると1年間で7万円の節約となります。

3.銀行の手数料を払わない

銀行のATM手数料や振込手数料にお金をかけていませんか?
もし1円でも払っているのであれば、無料で済ませる方法を検討しましょう!

銀行の手数料、1回1回は小さな出費ですが、積み重なると大きな金額になりますよね。

月に540円使っていたとしたら、12ヶ月で6,480円です。

6,480円あれば何ができるか考えてみると、銀行に手数料を払うのがもったいなくなりますよね。

手数料のかからない、自分の家から近い銀行の口座からお金をおろすことを習慣づけて手数料をかけないようにしましょう。

4.全く使っていない本やものを売る

もし要らないものがあって、自分で販売してみたいのであれば、ヤフオクやメルカリなどに出品してみるのもいいと思います。

それすら面倒なのであれば、宅配買取サービスを利用するのがおすすめ。

物が少ない綺麗な部屋は気分もいいですし、ストレスが軽減されて集中力が高まることが分かっています。部屋掃除をして小銭がもらえて一石二鳥です。

5.冷蔵庫の設定温度を変える

季節ごとに設定温度を変えるだけで、節電効果があります。冬は弱、夏は強(エアコンで涼しいときは「中」にする)など、季節の変わり目に温度設定も変えておきましょう。また、食材の詰め込みすぎは電力消費につながります。

6.水筒に飲み物を入れて飲む

スーパーで500mlの飲み物を買って飲むと1本108円ですが、
あらかじめ2リットル108円のペットボトルを買って、自宅で500ml水筒に入れて飲むようにすると108÷4=27円です。 1日あたり108ー27=81円の節約になり、一か月で約2400円もの節約となります。

2リットルペットボトルを買って家に持っていくのが大変!という方はAmazonや楽天市場を使ってまとめ買いをしましょう。不必要な労力は極力なくしていきましょう。

7.スマホ決済で買い物をする

QRコードを読み取る(読み取ってもらう)数秒だけで決済が完了するスピード感や手軽さだけでなく、スマホ決済を利用することで、利用額の1~2割が還元されるなどの運営各社が行う様々なキャンペーンが人気

クレジットカードやネットショッピングと同様、スマホ決済でもポイントがつきます。
例えばPayPay(ペイペイ)の場合、最大3.0%という高付与率になっており、キャンペーン期間中なら対象の店舗でのPayPay決済で、最大10~20%になることもあります。現金払いよりかなりお得になるのでおすすめです。

1 2