1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本が1位春節スタート。観光地の感染警戒に色んな声

中国のお正月「春節」で多くの観光客が来日。新型肺炎のタイピングと重なり心配です…。サービス業は特に注意です。

更新日: 2020年02月20日

6 お気に入り 37670 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎中国の大型連休「春節」が始まりました

中国では毎年、春節(旧正月)の前後が7日間の大型連休となり、中国全土が一年で最も盛り上がりを見せる時期となります。

2020年の春節は1月25日(土曜日)です,休み期間は1月24日から1月30日までとなります。

◎今年の旅行先は日本が1位だそうです…

▼そんな中、気になるのは「新型肺炎」

中国の武漢で発生した新型コロナウイルスによる流行性の肺炎が世界の関心を集めている。

23日までに新型コロナウイルスによる肺炎で26人の死者が確認されたと発表しました。

23日の午前0時からの24時間で、武漢がある湖北省以外の河北省と黒竜江省で初めて死者が出るなど、感染確認は259人、死者は9人増えたことになります。

▼中国の武漢は閉鎖、入国も発熱をチェックしている

武漢市は1月23日に武漢空港の一時閉鎖を決定した。新型コロナウイルスを封じ込めることが目的だ。

■防災情報 #コロナウイルス #死者17人 現状の #新型肺炎 の状況まとめ ・人から人へ感染(飛沫感染/接触感染) ・感染源はタケネズミなどの野生生物 ・症状は発熱・咳・息苦しさ・肺炎 ・患者500人突破 ・WHOは緊急事態を見送り ・春節が24日から始まり、日本への旅行者の急増とウイルス拡散の懸念 pic.twitter.com/zfFmTDBD4g

▼春節で日本の観光地ありがたいのだが。

多くの方が日本に来るかもしれない、その中に発症はしていないが感染をしている人がいるかもしれない。

春節で人の移動が急増する中、感染の拡大をどこまで抑え込むことができるかは不透明な情勢です。

▼やっぱり、人が行き交うことによる感染は怖い…

「観光客が減る心配はしていないが、人が行き交うことによる感染が怖い」と心配そうに話す。

1 2